さようなら2006冬学期
今日は試験最終日にして、最も試験がヘビーなSapraとSmithのダブルパンチ・・・。持ち込み可だと、「きっと何とかなるだろう」という思いからあまり細かいところまで勉強しないという悪い癖があるのですが、今回はそれがモロに裏目に出ました・・・。

SapraはMidtermの問題を少し複雑にした程度で、しかもM&Aプロジェクトもそれなりにやったことはやったので何とかなったと思いますが、問題はSmith。「なんじゃこりゃー!」と太陽にほえろのジーパンみたいに心の中で叫んでしまいました。いつもルンルンでニコニコのSmith教授が出す試験はハンパではなかったです。過去問の何度とは比べ物になりません。というか配られた問題集は過去問じゃなかったようで、単なる練習問題集だったみたいです。これほど出来なかった試験はかなり久しぶり、というかこんな経験は今までなかったんじゃないかと思います。試験が終わった後は呆然としてしまいましたが、周りを見渡すと全員同じ顔をしているので、みんなも出来なかったんでしょう・・・。

試験に出てきた問題の内容としては、授業のレクチャーで説明はしてくれましたが、企業のバリュエーション(しかも3つ)を鉛筆と計算機だけでやれというんですからたまったもんじゃありません。まぁエクセルが無かった頃はこうやるしかなかったんでしょうし、きっと計算機が出来る前はもっと大変だったんでしょうが・・・。この授業で出される宿題/ケースは面白かったのですが、もう少しバリュエーションを手でやる宿題を出してくれたほうが、よりフェアだったんじゃないかと思います。まぁ自分でちゃんと練習問題を計算しなかったのが悪いのですが、難易度的にはぶっ飛びすぎてました。

打ちひしがれて帰宅したものの、ビールがそれをキレイに洗い流してくれました。夕飯は同期KNと妻と3人で近所のHoulihansというBennigansに毛がはえた(はえてない?)ぐらいのファミレスタイプの安い飲み屋へ行き、その後は既にPark Hyattのバーで飲んでいたGSBの他の連中と合流。Park Hyattのバーなんて高級だなーと思っていたのですが、行ってみたら日本で言うラウンジというか、いわゆるオーセンティックな「バー」ではありませんでした。でも逆にそれが居心地良く、サービスも行き届いているのでよかったです。なんといっても酒が美味しかった・・・。安いアメリカの飲み屋(Pub)へ行ってカクテルを注文すると、「これでも食らえ!」というぐらい濃いカクテルが出てくるのですが(しかも大量に)、さすがにここは違いましたね。モヒート(モジート)が美味しくてそれをずっと飲んでました。日本で飲んでいたカクテルの繊細さにはさすがに全く届かないのですが、それでもちゃんとお金を払ってお酒を飲んだのは久しぶりだったのでよかったですね。

ということで:

本日のビール:Sam Adams White Ale×1(まだ残ってました)、Budweiser×1
          Honey Brown(@Houlihans)×2、Guiness×2

本日のその他お酒:Mojito×3

a0040283_5405448.jpg泥酔することなく程よく酔っ払うことができました。明日から春休み!イェイ!
[PR]
# by ykgsb | 2006-03-17 05:07 | 日記とか
Viva Mexico!
Investmentsの試験が終わりました。ケアレスミスって終わった後に気づくものなんですよねー・・・。やはり何事も余裕を持って取り組まなければならないということなのでしょう。先生によると毎年大体平均は65%ぐらいとのことで、多分そのぐらいはいっているんじゃないかと思いますが、果たしてどうでしょう・・・。部分点をどれだけもらえるかにかかっていると思います。

午後はSapraの勉強を少々。Investmentsで3時間ぶっ通しで計算をした後の頭はすでに集中力を維持させることが出来ず、しかも変な脱力感があったので帰宅することに。

夜もSapraを見ることはなく、World Baseball Classicのメキシコvs.アメリカの試合を見ました。アメリカvs日本の試合の際に、3塁からのタッチアップが早かったという判定を下したDavidson塁審がまたもややってくれました。メキシコが打ったファールポール直撃のホームランを、「2塁打」としたのです・・・。1回間違えるのは人間なので仕方ないですが、同じトーナメントで立て続けに、しかも1点入るか・入らないかの大事な場面で誤審を繰り返しては、もうハッキリ言って存在価値がないですよね。草野球の審判でもしていてください。いずれにしてもメキシコが勝ったことで日本の準決勝進出が決定!おめでとう!!パチパチ!!!

でもアメリカが敗退したことで、これでWorld Baseball Classicはますます注目されなくなるでしょう・・・。アメリカ人でさえもあまり興味を持って見てないですからね。来年ってこれやるんですかね?土曜の準決勝はもうさすがに無理ですが、もし日本が決勝戦に進出したら見に行きたいですね。まだチケットも余ってそうですし。

その後は、妻のおなかの中にいるベビーちゃんに初めてギターと歌を披露することに(勉強しろよ)。私の選曲に妻はかなり不満のようでしたが・・・。反応する曲としない曲があるっていうんですから、不思議なものです。ちなみに最も反応を示したのがザ・ブルーハーツの「青空」という曲でした。まぁ一番最初に弾いたからかもしれませんが。本当は、いつの時代においても曲の良さが衰えないクラシック音楽とかのほうがいいんでしょうけど、すぐに廃れてしまうヒット曲よりはいいと思いまして。少なくともザ・ブルーハーツは私の中では永久に不滅なので。歌ってることには普遍性がある程度あると思います。
[PR]
# by ykgsb | 2006-03-16 04:46 | 日記とか
Investments試験前夜
今日も朝からInvestmentsのStudy Groupに参加。これで彼らとのStudy Groupミーティングは最後になりましたが、本当に多くの学びを提供してくれたグループでした。全員マジメでちゃんと事前準備を怠らず、時間通りに来るといったところは、なかなか調子の良いアメリカ人はやってくれないことで、彼らのような人がきっとアメリカのビジネス界を今後支えていくのだろう、と思いました。

午後も引き続きこの流れでInvestmentsを集中的に。CAPM、Black Scholesといったようにバシバシノーベル賞をとった金融の理論を叩き込まれ、更にあと数年以内にノーベル賞を取るのではないかと言われている(少なくともInvestmentsの教授のMoskowitzはそういっています)Fama Frenchモデルも学び、何だか少し賢くなった気分です。むしろ「自分はこれだけのことを知らない」ということを知った感じです。

いつ、どうやって使うのかについては実社会に出てみないと分からないのですが、少なくともこういったことに触れて、何となくどういったことなのかを理解することが、まずはビジネススクールの1年目では大切なんじゃないかと思っています。結局(例えば)MITの数学メジャーのゴリゴリエンジニアには絶対に数学では勝てませんし、これを専門的に学ぶためにビジネススクールにきているわけでもありません。でも彼らのような専門家(それがFinanceの分野であろうとMarketingの分野であろうと)と会話を交わすための共通言語を、多少浅かろうとも幅広く身に付けているのだと思います。

何を学んだか、学ばなかったか、というのは結局、授業で何が教えられるかということや、自分がどれだけ勉強したかというよりも、自分がどうやってそれを受け止めるか・消化するかということなのかもしれません。勉強しなくても「多くを学んだ」と感じる人もいるかもしれませんし、逆も然りでしょう。
[PR]
# by ykgsb | 2006-03-15 21:27 | 日記とか
Sapra/Smith勉強第1弾
今日は金曜の午前に試験があるSapraの勉強を。学校で食べる朝ごはんのブルーベリーマフィンは太りそうなので、ベーグルに代えました。でも全く美味しくない・・・。かといってバタータップリのマフィンを食べるわけにも行かず、家から持ってきた緑茶で流し込みました。

いやー、それにしてもSapraは細かい!!全ての項目を見落とさずに時間以内に計算するのは不可能なんじゃないかと思ってしまいます。自分で過去問を解いているとあれもこれも見落としていて精神衛生上よくありません。「っだよー!!んな項目きーてねーから!」という突っ込みを100回ぐらい繰り返した後、諦めモードに入り、模範解答を見ながら「なるほどー♪」とストレス・フリーな勉強スタイルへ変更。これじゃほぼ全く身についてないのですが・・・。こういったことは試験でどうのこうのというよりも、実務経験を沢山積んで学んでいくものだと思うので、今回の授業はそれの入り口ということで、あまり細かく考えないようにします。あまり細かく考えるとハゲそうです。

Sapraの過去問の出来なささに打ちひしがれて帰宅後は、FSA(Smith)の勉強。この過去問も「??」のモノが多く、ストレスを避けるために結局LectureNotesを読み直しながら、模範解答を読み、「なるほどー♪」という勉強方法に。本当に身についているのでしょうか・・・。今期は殆ど自習室で過ごしていたにも関わらず、不甲斐ないですねー。これで勉強してなかったらどうなっていたんでしょう。怖い・・・。

SapraもSmithもAccountingの授業ですが、やはりAccountingはなんといっても細かいですね。でもこういった細かい点を見落とすか・見落とさないかで、仕事が出来る・出来ないの評価になってしまうんでしょう・・・。
[PR]
# by ykgsb | 2006-03-14 23:45 | 日記とか
Investments勉強第1弾
いよいよ期末試験Weekに突入。気合を入れなおして30分早めの5時起床→6時登校に切り替え。5時に起きても全くおなかが空かないので、7時にオープンする学校のカフェテリアでマフィンやベーグルを食べることに。このほうが効率的かもしれません。ブルーベリーマフィンがなかなか美味しいです。太りそうですが・・・。

今日は木曜に試験を控えたInvestmentsを勉強することに。これが意外に大変で困りました。グループにおんぶにだっこだったので、宿題でやったことは(数週間前にも関わらず)ほぼ全てきれいさっぱり忘れてしまっていて、1から学びなおし。分かったところもあれば、やっぱり分からないので答えを丸覚えしなければならないところもあります。でも大学3年の頃から気になっていたブラック・ショールズ・モデルの正体が何なのかが分かって少しスッキリした感じです。

夜はInvestmentsのReview Sessionへ。なかなかイケメンのTAで少々びっくり。問題には出題されていないTracking Portfolioの作り方をやたらと説明していたので、これはもしかして試験に出るかも?!カンペ(A4×2枚までは持ち込み可能なので)は後日作ることにします。
[PR]
# by ykgsb | 2006-03-13 23:36 | 日記とか
ガンバレニッポン!
朝から自習室へ。Sapraの最終Review Sessionの前に必要書類のプリントアウトと、ちょっとした予習・復習。あっという間にお昼、そしてReview sessionの時間になってしまいました。案の定SapraのReview Sessionは時間オーバーでした。

その後は勉強するはずだったのですが、World Baseball Classicの誘惑に勝てず、Student Loungeで同期YMとKNと観戦することに。試合は後半まで白熱した展開。そして8回に事件は起きました。日本の犠牲フライで勝ち越しかと思いきや、3塁ランナーのタッチアップが早すぎたということで判定が覆され、ダブルプレーに。

なんということでしょう。結果的に9回裏に満塁にされてヒットを打たれているので、負けるのは仕方が無いのですが、いい試合を変な審判に台無しにされるのは本当にいい加減にしてもらいたいです。確か昨年のPlayoffやWorld Seriesでもかなり微妙な審判の判定が下されて、それでチームの勝ち負けが決まってしまうことが何回かあったと記憶しています。

もう結果は出てしまったので仕方が無いのですが、あとは全試合勝ってもらうしかないですね。メキシコ、そして韓国・・・。いずれも良い試合になりそうです。

試験直前になって勉強がおろそかになってしまっています・・・。まずい。明日はInvestmentsのReview sessionなのでそれ似向けて勉強したいと思います。
[PR]
# by ykgsb | 2006-03-12 12:31 | 日記とか
マーケティング最終章
先日から少しずつ始めて考えをまとめていたMarketingのプロジェクトの仕上げ。早朝に起きて仕上げようと思っていたのですが、全然仕上げられず、結局食材買出しを挟んで、夕飯前にしか仕上げることが出来ませんでした・・・。意外に表とか色々とまとめるのに時間がかかってしまいました。

ケースの内容は冷凍ドッグフードの市場参入の是非について。最初読んだ印象は「こんなの売れるワケがない」でしたが、考えれば考えるほど「んー、これをこうすればイケるんじゃないのかな」という考えに変わってしまい、結局ゴーという結論に至ってしまいました。ケースの内容で与えられている、この会社の目標(初年度トントン)は絶対的に無理なのですが、何年かすれば大丈夫なんじゃないかという楽観的な発想で・・・。一応自分の中のロジックは通っていますので。というか授業で習ったことに基づくと、このロジックは通るはず。結果が楽しみです。

といっても、何処のスーパーにいってもこの冷凍ドッグフードは置いていないのできっとボツになったか会社がつぶれたか、どちらかになったのでしょう・・・。それでも構いません!ロジックは通っているはず!!

お昼は初めてRed Lobsterに行ってみました。お昼ということもあり「Fried Seafood Platter」を頼んだら、文字通り全部揚げ物(しかも日本で言うと3人前ぐらい)で、色も全部衣の色(茶色)でちょっと後悔しました・・・。ケチケチしないでロブスターをどーんと頼むべきでしたね・・・。
[PR]
# by ykgsb | 2006-03-11 12:21 | 日記とか
春学期の授業決定
Sapraの感動が覚めやらぬ間に、春学期の授業が(やっと)決まりました。

・30116: Accounting & Financial Analysis I

いわゆるFootnote Accountingという授業で、中級財務分析だそうです。

・42001: Competitive Strategy

その名の通り競争戦略論。まぁビッグピクチャーを見て戦略を立てていきましょう、という授業なのではないかと思います。教授は新米だそうです。面子もなかなか濃いので楽しみです。


・35200: Corporate Finance

これまでの評価ではかなり最低・最悪な評価のHarris教授ですが、Bidに失敗しまくってしまったためこれを取らざるを得ません。65人の授業の枠に、なんと登録者数11人・・・。授業は果たして成り立つのでしょうか。

・30105: Advanced Managerial Accounting

上級管理会計、という授業で、管理会計の経験や興味はほぼ皆無なのですが、毎回スピーカーを呼んで面白い授業だという噂を聞いたので履修してみました。いずれは管理会計は重要になってくるでしょうし、どうせやるんだったら楽しくやりたいので。普通の管理会計の教授への評価は軒並み「金返せー!」という声だったので・・・。でもこの授業、夜なんですよねー。仕方ないですが。

そして使ったポイント数はゼロ!!4科目取ってしかも使ったポイントゼロとは、これでグンとポイントを貯めることが出来ました。よし!来年も頑張るぞ!待ってろよー、Rock!Kaplan!Meadow!Schrager!
[PR]
# by ykgsb | 2006-03-10 10:21 | 日記とか
Sapra教授の人間像
今日はSapraとSmithの最後の授業でした。今期の金曜は二つ会計関連の授業で、しかもかなり重たい二つだったので、大変でした・・・。そんな冬学期も今日で終わってしまいます。

Smith教授は「楽しかったワー!ありがと!」という程度で終わってしまったのですが、やはりSapra教授は期待にこたえてくれました。


「Love what you do and have someone to love」


クサいといえばクサいですが、Sapra教授にだからこそ言える言葉で、彼だからこそ何だかズシッと伝わるものがあります。熱血教師Sapra。彼は教授としても素晴らしいですが、人間としても非常に温かみのある人でした。来年、彼はLBOの授業を教えるという噂があるのでそのときにまた会えればと思います。

・・・そんな彼もクサい言葉で終わるわけはなく、結局は最後の冗談でクラスを大爆笑させ、教室を去っていきました。ありがとうSapra教授。あなたの授業にちなんで、このBlogのタイトルを若干変更します。
[PR]
# by ykgsb | 2006-03-10 10:05 | 日記とか
Moskowitz教授の人間像(ykgsbも)
今日はMoskowitz教授の最後の授業でした。彼はやたらとずんぐりむっくりのくせに、「熱い」とか「ねっとり」とか「気合」とかいう言葉は全く似合わない人で、常に冷静に「キラーン☆」と物事を分析して進めていくというタイプの典型だと思います。さすがに金融界のビッグプレイヤーの前で講演して、さらに飛んでくる鋭い質問にも全て対応してしまうんですから、気合やアツさだけでは切り抜けられない場面を何度も経験してきているのでしょう・・・。

そんな彼の最後の締めは、感動的な人生論を熱く語るわけがなく、「証券投資論を教えている教授が『教えるのが楽しいから教えているのであって、投資してお金を儲けようなんて思ってない』と言うのは100%ウソだ(笑)」といった内容でした。なるほど。確かにMoskowitz教授はどこか「教授」っぽさがありません。極めてビジネスライクで、毎回スーツにネクタイを締めて、いかにもビジネスマンといった風貌です(ずんぐりむっくりですが)。いずれにしても彼の授業は(好きか嫌いかは別にして)今期の授業の中で最もOrganizeされていて、最も明確に、そして効率的だったのではないかと感じています。もちろん授業の内容によっては彼のやり方は無理なのかもしれませんが、これ以上のモノにするのはかなり難しいんじゃないかと思います。素晴らしい教授でした。

ところで今日、アトランタ在住の友人MNが性格診断をしてくれるサイトのURLを送ってくれたので早速トライしてみました。サイトはこちら

いくつかの結果に分類されるようなのですが、私は「Encouraging Creator」とのことでした(Encouraging Creatorって?)。まぁ要するにいいことばかり書いてあるのですが(ちょっぴり嬉しいですが)、興味深いのが「Your Personality Chart」というところで、かなりの割合で的中しているところなのです・・・ConfidenceとかAgencyとかAuthoritarianismとか・・・。

皆さんも時間がありますときにやってみてください。所要時間は7-8分ぐらいです。
[PR]
# by ykgsb | 2006-03-09 09:32 | 日記とか