<   2006年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ブログお引越し
いつもご愛読いただいている皆様

私の大学時代の友人達が立ち上げ、運営をしている新しいサイトに、私のブログを移すことにいたしました。

これからも新しいサイトでどんどん更新していくので、遊びに来てください!
[PR]
by ykgsb | 2006-04-29 04:04 | 日記とか
Corp Fin試験
毎週水曜はCompetitive StrategyとCorp Finのダブルヘッダー。Competitive Strategyは教授がいいのでいつも楽しみにしていますが、今日はその後に控えている試験のことで頭がいっぱいで全く議論に参加できませんでした。この授業も来週のこの時間に試験があります。試験問題は発表せず、あらかじめケースだけを渡されたのですが、Ducatiのケースみたいです。この会社、作ってるバイクはイケてるのにホームページが全然イケてないなー。週末に集中的にやりたいと思います。

そしてCorp Finの試験。なかなか手ごたえがある試験でした。難易度も恐れていたレベルではなく、しかも全て学んだことが問題のところどころに散りばめられていて、非常にフェアな試験だと思いました。レクチャーノートもまとまってるし、ワークロードも重過ぎないし、試験問題もフェアだし、教え方を除けばそれなりにいい教授だと思うんですがねー。もったいないです。最後のフィードバックで「More Energy!」と伝えたいと思います。

夜は同期TPの誕生日パーティーへ。このTPは非常に友人が多く、飲みまくってバカばっかりやっているのあと思いきや、気配りがすごく、頭も良く、ユーモアがあって、且つ気取っていないという、非常にバランスの取れた人間です。そんな人気者のTPですから、集まる人数もハンパではありません。夜がふけていくごとに徐々に人数が増え始め、最後はすごいことになっていました。みんな中間試験期間中(しかも今日は水曜日)にも関わらず浴びるように飲んでましたね(私も含め)。TPとは同い年なのですが、エネルギーが凄いです。1次会、2次会、3次会・・・とどんどんテンションは上がっていくばかり。私は同じく同期のKNと一緒に2次会で退散しましたが、個人的に最後のほうは疲れてしまって辛かったですからね・・・。もうバカ騒ぎする年齢じゃなくなってしまったんでしょうかね。

結局アパートに帰ってきた後もKNの部屋にお邪魔して朝の5時ぐらいまで語っていました。そう、もっと出来ることはありますよね。意識を高くもっていなければなりません。せっかくビジネススクールに来たのですから、こうやってじっくり飲んで語れる時間をもっと作りたいと思いましたね。ってもう充分飲んでますが。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-26 12:06 | 日記とか
Berger試験
今日はBergerの中間試験。Review Sessionにも出て、ある程度分かっていた気でいたのですが、自分で解こうとしてみるとやっぱり意外に難しく、最後の最後になって「もしかしたらヤバいかも・・・」という不安が。

午前中はずっとこの試験の準備。そして午後イチに試験。会社の名前は覚えていませんが、いずれにしても過去数年ずっと赤字の航空会社の財務諸表を渡され、それに対する質問を答えるという試験でした。

同期のブログにもありましたが、ちょっとひねりすぎというか、「そこでヒネってどうすんのさ」という感じの試験でした。試験の点数も気になりますが、「果たしてこれを通じて何を学んで欲しいんだろう」という疑問は残りましたね。

Bergerの試験/授業の後は自習室に戻って明日のCorp Finの中間の勉強。このオッサン、授業の教え方はひどいですが、練習問題はかなりヒネって難しいものを作成します。ただ、ちゃんと練習問題を解いて仕組みを理解していれば大丈夫なように試験は設計されているようなので、その辺は評価したいと思います。

といいつつ、試験が出来なかったらきっと「この教授はオワってる」という評価になるんでしょうけれども・・・。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-25 11:47 | 日記とか
さぁ勉強だ・・・?
7時登校。今日は昼に泳ぐ(GSB Swim Clubに顔を出す)予定なので午前中はCorp finの勉強を。明日Bergerの試験が控えていますが、明後日はCorp finの試験があるのでこれも少しはやっておかなければなりません。水曜の午前中は授業があるから勉強できないですし。日曜1日つぶれたのがちょっとイタかったですねー・・・。

あれこれノートや教科書を読んでるうちにあっという間に午前中は過ぎ去り、気分転換を兼ねてプールへ。やっぱり昼は混んでますねー。1レーンをシェアしなければなりません。レーンはそんなに狭くは無いのですが、いつも一人で1レーン使って泳ぐのになれているのでやたらと気を遣います。ぶつかったら痛そうですし。

泳いだ後は軽くお昼を食べ、引き続き勉強を。Bergerちゃん、相変わらず細かいです!持ち込み可なので何とかなるかなー、という甘い気持ちになりつつも、Income Tax(特にDeferred Tax関連)の部分は何とか理解できました。あとはRevenue recognitionをどれだけ埋められるかにかかっているでしょう。しかもBergerはきっと部分点に寛大な教授のはずなので、とりあえずは凌げそうな感じです。とりあえず何か書けばOKだろう、ということで帰宅、夕飯。夕飯後は軽く過去問を。

夕飯といえば私が前職でお世話になった先輩が、新規事業の立ち上げをされたそうで、これが非常に面白そうです。「忙しい人のためのオンラインデリカテッセン」というコンセプトで、食生活が偏りがちなDINKS、ワーキングマザー、一人暮らしの男性、女性をターゲットにして、体にやさしいお惣菜やその他ご飯を提供するとのこと。シカゴではこのサービスは(まだ)利用できませんが、夏休みに日本に帰ったらちょっとは「忙しい」人になりそうなので、試してみようかと思います。その際は宜しくお願いします!応援しています!!

アメリカにこういったサービスは果たしてどうでしょう。物流もだいぶ発達してきましたし、大都市だったらもしかしたらウケるかもしれません。でもやっぱりこっちの人は冷凍食品になってしまうんでしょうかねー。でもネットで注文できて、栄養のバランスがちゃんと取れていて、ということであれば、ユーザー側もあまり失うものはないと思うのですが。あとはターゲットと値段でしょうか。

明日のBergerも頑張るぞー!
[PR]
by ykgsb | 2006-04-24 12:38 | 日記とか
中間試験前々日ですが
昨晩、Admitたちを迎える飲み会に参加したところ、予想以上に盛り上がり、帰宅は3時・・・。あまりにも濃いGin&TonicとRum&Cokeを飲み、チェイサーがビールだったので、今日の起床はお昼・・・。

昨日運動してないから「運動しなければぁ・・・」と思いつつも体がテレビの前から離れず、TVを見ながら寝たり起きたりというグータラ日曜になってしまいました。

火曜にBergerの試験があるのですが果たして大丈夫でしょうか。明日からまた体調を整えて頑張りたいと思います。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-23 05:01 | 日記とか
高いランチ
チャイナタウンへブランチの飲茶を。チャイナタウンの駐車場事情はひどく、お昼前に行っても停めるところが殆どありません。そこで前回、チャイナタウンにあるWalgreen(コンビニに毛が生えたようなスーパーみたいな店)客専用の駐車場に停めて、何も問題なかったので今回もその駐車場に停めることに。

美味しく飲茶を食べて、スーパーで買い物をして駐車場に戻ってみると、なんと停めたところに車がありません!!ギョギョギョ!マジっすか!?「駐車したままあなたがこの敷地を出ると、レッカーします」という警告はちゃんとあるのですが、本当にやられるとは・・・。

仕方なく、レッカー業者にすぐ連絡し、レッカー先の住所を確認。チャイナタウンからの距離を聞くと、「Well, it's not close」という反応。F*ck!!10kgぐらいあるお米も買ってしまったので歩いていけるわけも無く、仕方なくタクシーを拾って行くことに。幸い、タクシーが通ったのですぐに拾えたのがせめてもの救いでしょうか。

行き先を告げると、「随分と遠くに行くね」といわんばかりの反応。予想はしていましたが、シカゴでもかなり危ない地域を通り抜けて行く事に。タクシーを拾えたのもラッキーでしたが、タクシーに乗ってから「夜じゃなくてよかった・・・」と思いましたね。Hyde Parkも結構危ないといわれますが、そんなの可愛いモンです。私もアメリカ経験は長いほうで色んなところに行った経験はあるほうですが、いやー、怖いっすね。10kgの米の袋なんて買ってる場合じゃありません。

目的地到着。いわゆるJunk Yardに私の愛車はありました。随分と厳重なつくりの受付で罰金を支払い、車を取って逃げるように帰りました。まだ他に買い物はあったのですが、今日は車には乗らないほうがいいという妻との判断でその買い物はしないことに。その代わり、近くのスムージー屋さんのタダ券があったので散歩がてら行くことに。

ヘルシーをテーマにしているこのお店。オーダーすると作ってくれる、いわゆるスターバックス方式。そしてこっちのスターバックスは、飲み物が出来上がると自分の名前で呼んでくれる仕組みになっているのですが、私の名前はアメリカ人には呼びづらく、やりとりが面倒なのです。案の定、オーダーした直後に妻と私両方の名前を聞かれたので、すかさず:


「スティーブとキャレン」


と伝えました・・・。

別に変な顔はされませんでしたが、妻が笑いをこらえるのに必死でしたね。私も「この顔でスティーブかよ」って心の中で自分に突っ込んでましたが。

しかもこの飲み物、レギュラーサイズなのに巨大!!そりゃヘルシーなのはいいけど、こりゃ飲みすぎでしょ!二人で1つで十分だね、といいながらミレニアムパークを散歩。沢山人が出てました。帰宅途中に先日遭遇した同期Gの奥様Mとまた遭遇し、ちょっと立ち話。引越しの話とか中間の話とか。それにしても活発な方です。すごいエネルギーですね。

今日はAdmit Weekendの流れでどこかでAdmitと在校生を交えた懇親会があるらしいのですが、行くかどうか迷っているところです。車をレッカーされたのが何だか随分前のようのことに思えます。高いランチでした。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-22 09:28 | 日記とか
Admit Weekend II
今日は2nd Roundで合格した合格者向けのAdmit Weekend開始日。合格者向けのオープンキャンパスみたいなもんですね。Winter Gardenに山ほど飲み物と朝ごはんが用意されていて、「よっしゃー!いつもの寂しいリンゴだけじゃなくてたらふく食える!」と思っていたら「Admit Weekend Attendees Only」のサインが・・・。まぁ誰もチェックはしませんし、気づかぬフリして水だけでも貰おうかと思ったのですが、私の友人の多くがかなりの時間と労力を割いて実現させているイベントなので、彼らの立場に立ったらこういう人がいたら迷惑なんだろうなー、と思っていつものリンゴにパクついていました。

自分もAdmit Weekendに参加しましたが、その時も本当にいい天気で、色んなプログラムが組まれていて楽しかった記憶があります。それにしてもあれから1年経過してしまったんだなーと思うと時が経つのは本当に早いです。

話は変わりますが、先日シカゴGSBを訪問してくれたMBAカウンセラーから無事帰国したというメールが。自分のシカゴGSBの印象を正直に伝え、しかもそれにあわせてメールも書いたのでそれに対する返事でもありました。彼がシカゴを訪れ、色んな人と話した結果感じたことは、やはりシカゴGSBはカリキュラムの構造上、どうしても専門性の高い人材を輩出しやすい、ということだそうです。むしろU of Chicago全体の教育方針がそうなんじゃないか、ということで、それは自分の進む道をもうある程度決めていて、何を学びたいかが分かっている人にとっては最適の場で、そうじゃない人にとっては合わない環境だと言っていました。確かに。

「専門性の高い人材を輩出しやすい」とは聞こえがいいですが、逆から言えば「バランスに欠けた人材」を輩出しやすい、もしくは「呼び込みやすい」、そして「受け入れやすい」ということだとも思います。だから他のビジネススクールからキモがられるんでしょうねー。まぁこればかりは仕方ないですね。それが強みでそれをベースにして教育してるわけですから。キモいのがベースではなくて、教育方針が、です。あとはイメージをどうするかと、どれだけ偏った人材を入れないか、ということなんでしょう。

来年入ってくる多くのClass of 2008にも大いに期待したいです。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-22 05:52
オッサンとオバチャン
木曜は授業がないので気楽です。でも来週は中間試験が2つ、再来週は1つ待ち構えているので、今のうちに勉強しなくては・・・ということで一泳ぎしてから自習室へ。

Bergerの会計関連は、ケースで読んでいると非常に難しく感じるのですが、教科書を読むとそれほど難しいことはやっていないんだな、ということに気づきます。あとは、「慣れ」ですね。どれだけ多くの財務諸表を読んで、問題を解いているかで、かなり違います。結局ルールがガッチリ決まっている分野というのは、ある程度の反復練習が必要で、「理解する」というよりも「肌に馴染ませる」ほうがいいんですね。

午後はCorp finの勉強。何故NPVを計算するのか、から、DCFを使った実際のNPV計算まで一通り。この教授が書いた問題集を解いているのですが、なかなか難しいです。私はこのHarris教授を「オッサン」と呼んでいるのですが(実際、オッサンですし、疲れきってしまっているようでオーラが全く感じられないので)、オッサンのわりには(失礼ですが)かなりひねった問題を出してきます。答え合わせすると、そのワナにハマりまくっているのに気づき、「くそー、オッサンのくせにー!」とそのたびに嘆いています。

夜は、Bergerの授業のReview Sessionに行くためにダウンタウンのGleacherへ。こんな教室があったんだ、というぐらい狭いところで、20人も来てませんでした。ここで同期Gの奥様のMに遭遇。MはU of CのHarris Schoolに入学し、GSBの授業を履修しています。俺よりよっぽど勉強してるんじゃないでしょうか・・・。今度Berger教えてください。

で、このReview Session、Berger教授が自ら教えてくれるのかと思いきや、なんと教室の一番前に座っていた巨大なオバチャンがTAでした。「えー!?」普通のTAは、GSBの2年生だったりするのでこれには驚きましたね。この方、説明は非常に明確で分かりやすいのですが、立ってしゃべりながら黒板に書いているだけで息切れして、2時間のSessionの終わりの頃にはうっすら汗もかいてました。きっと生きてるだけで辛いんだろうなー、とちょっと気の毒になりながらも、Bergerもこうやって教えれば最初から苦労しないのになー、と思いました。

帰宅後は我慢できずビールをまたグビグビ・・・。先週買ったSam Adams Summer Aleを飲み干しそうです。軽くて何本でもいけそうなのが怖いんだよなー。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-20 00:13 | 日記とか
値上げ、そしてまた値上げ
Chicago GSBの授業料が来年から上がるというアナウンスがありました。

授業料が上がったから「やめてやる!」というわけにもいきませんので、仕方なく受け止めるしかないのですが、授業料の他に全て教科書やコースパケットを別に購入しなければならない仕組みになっている学校としては、ちょっとやりすぎなんじゃないかと思います。教科書やコースパケットをまともに新規で(中古ではなく)購入していたら、平気で$250/科目しますし、それが10科目となると1年で2500ドル、2年で5000ドルです。他の学校では、教科書やコースパケットは配布されるということも聞いているので、それを考えるとちょっと割高感があることは否めません。

しかも理由が笑っちゃいます。「他のトップスクールも値上げしているから」です。まぁ、トップクラスの教授陣を確保して維持するための手段なんでしょうから仕方ないんでしょうけど。

学校とはあまり関係ありませんが、私が現在住んでいるアパートも値上げすることが決まりました。1年目はGSB生の特権で15%ぐらい割引が聞いたのですが、2年目はその割引がなくなるのと、そもそもの家賃が値上がりするということで、合計で現状と比べて約25%ぐらいの負担増/月になりそうです。イテテテテ・・・。真剣に引越しを考えなければならなくなりましたが、インターンもあるし、子供も産まれるし、引っ越すとなると引越し先の検索から交渉から荷造りから、住所変更、電気、水道関連の変更手続き、山ほど面倒なことが出てくるでしょう。

あ゛ーーーめんどくさい!!
[PR]
by ykgsb | 2006-04-19 07:58 | 日記とか
Delivery of Speech
Berger教授の授業での出来事。

この授業は、課題で与えられたケースに対して、Cold Callされるのですが、今日のCold CallされたVさんはひどかった・・・。よくもまぁ、そんな的外れなことを自信を持ってぺらぺらと1分近くしゃべれるものです。しかもそれが一回ならいいのですが、全ての質問に対してなんですから。Berger教授もいい人なので、「うん、それは確かにそうなんだけど・・・」とか「ここの部分はどう思う?」とか、「なるほど、そのポイントは良く分かったんだけど・・・」という言葉で返すため、本人は自分がどれだけ見当違いなことを発言しているかが分かりません。最後のほうはさすがにBerger教授もあきれ気味で、最終的には「いや、それはちょっと違う」とバッサリ切ってましたが、それに対してさらに反論するんですから、ある意味凄いです。

でも、モノの言い方というか、何かを話す際の態度は非常に大切なんだな、と思いました。最初は、このVさんが最もなことを言ってるんじゃないかと勘違いするので。

そんなこんなで、もう来週は中間試験なんですよねー。いやー、時間が経つのは早いです。木曜から週末に掛けてが勝負どころになりそうです。さぼっていたReview sessionにもそろそろ顔を出さないといけません。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-18 03:17 | 日記とか