<   2005年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧
Count Down to 2006
2005年最後の日を迎えました。

2005年は結婚したり留学したり、本当に激動の一年だったと思います。以前も書いたことがあると思いますが、私は生まれてから9年間日本、その次の9年間をアメリカ、そのまた次の9年間を日本で暮らし、4回目の9年サイクルが始まる時に念願かなってまたアメリカに来ることが出来ました。色んな意味で2005年は素晴らしい年だったと思います。ここまで支えてくださった方々、この場を借りて御礼申し上げたいと思います。Couldn't have done it without you all.

a0040283_14282611.jpgカウントダウンは、同級生のP夫妻(といってもまだ結婚してませんが)の家に呼ばれてDinnerを共にしながら迎えることに。このPのアパートはシカゴでも有名な建築物とされていて、12時になったときには屋上からシカゴのダウンタウンを見下ろし、Navy PierとGrant Parkで打ち上げられている花火を両方見ることが出来、感動しました。カウントダウン後は、先輩のAさんのお宅にお邪魔し、他の日本人GSB生の方々と団欒。これからも宜しくお願いします。


さようなら、2005年。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-31 14:18 | 日記とか
二日酔いで動けず・・・
二日酔いにも関わらず、朝からカレーラーメンなんか作って食べるからよりひどくなるんですよね。以後気をつけなければなりません。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-30 14:16 | 日記とか
Yield to Maturity
あと5日で学校が始まるということで、MarketingとInvestmentsの宿題を終わらせることに。InvestmentsよりもMarketingのほうが何だか解いていてちょっとしたワクワク感があるのですが、それは単純にCaseだからでしょうか、それともやっぱりMarketingに興味があるからなのでしょうか・・・。

以前からMarketingに興味はあるのですが、かなりのレベルまで掘り下げないと達成感は無いんじゃないかと思います。その反面私にとってのInvestments(証券投資論?)は「へー、そんなことが出来るのか!」と初めて知ることばかりです。単に私がFinanceに関する常識がないだけかもしれませんが・・・。まずはYield to Maturityから真剣に学んでいきたいと思います。


と、宿題を終わらせた後は例のごとく飲みすぎてしまいました・・・。

本日のビール: Sam Adams Winter Lager×7
本日のその他: Rum&Coke×?(記憶がなくなりました)
[PR]
by ykgsb | 2005-12-29 14:03 | 日記とか
人間観察とインド料理とSpywareとMarketing
今日は朝早くから元気に活動。朝一の用事を済ませ、妻とスターバックスへ行くことに。こっちのスターバックスは総じて(日本と比べて)汚い気がします。日本だとちょっと洗練されたイメージもありますが、こっちはそんなことは全くありません。おばちゃんが新聞を読んでいたり、ホームレスっぽい人がなぜか知らないけど店の掃除を隅々まで掃除していたり(明らかに従業員ではない)、ベビーカーを引いた人がいきなり「お金を恵んでください」と迫ってくるし・・・。こっちのスタバも長居しているといろんなことがあるものです。それでもさすがMichigan Ave.沿いの店ということもあって、客の流れが止まりません。私はLatteを飲みましたがなかなか丁寧に作ってるみたいで美味しかったです。ちなみにこっちのスタバはShortがありません。Tallから始まり、Grande、そしてVなんとかというサイズの3種類。Tallで十分です、はい。

Downtownをプラプラした後お腹が減ったのでランチはIndia Houseのカレービュッフェに行くことに。先日の中華のビュッフェに引き続き、ここもなかなかお得感があります。何しろインド人が食べに来ているのでなんだか安心できますし、ビュッフェでも普通に美味しくいただけます。夜はそれなりにちゃんとしたレストランになるんじゃないかな。

帰宅し、PCを立ち上げるとなぜかいきなりSpywareの警告が・・・。「Your PC is in Great Danger!」といったバルーンが出てきて、それをクリックすると、あるサイトに飛ばされて、「このAnti-spywareツールを今すぐダウンロードすれば問題解決!!」というくだりが。んー・・・ちょっと怪しいなぁと思い自分で調べてみるとやはりウィルス+Spywareに感染しているではありませんか。ちょうど街をプラプラしているときに同期のYMから電話があって、彼もSpywareに感染してしまったという連絡を受けたので、これは流行っているのでしょうか・・・。4時間ほどかけてPCを修復し、一件落着。

夜からはMarketingのReading Assignmentを引き続きひたすら読み続ける。んー、そりゃちょっと考えれば分かるんだけど、Easier Said Than Doneです。みんなそんなことがちゃんと出来ていたら苦労しません。これからどうやってそういった理論的・戦略的なことを、優先順位をつけて現場に落としていくか、マネージャーとしてどういった決断を下すべきか、といったことを徹底的に学びたいと思います。

とあるマーケティングスペシャリストが言いました:

「理論なくては単なる無謀なこと。しかし実践しないことには成功はありません。」

まさにその通りだと思います。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-28 14:51 | 日記とか
Count Downの始まり
冬学期開始まであと1週間。

このダラダラした生活からちゃんと抜け出さなければという思いで、今日は学校まで足を運び(昨日まで閉まっていた)、教科書を買い揃えて各種資料をプリントアウトすることに。案の定、学校の本屋にはこれまで揃っていなかった教科書、参考書、Course Packが全てずらり。冬学期は4教科履修しているので、それなりの量になるとは覚悟していましたが、ここまでひどい量になるとは・・・。あまりにも量が多くて一つ一つの値段もバカにならないので、新品だけでなく中古のものも含めることに。それでも全て含めて1200ドル也。秋学期も確か1000ドル近くかかったので、1教科約300ドルといったところでしょう。キビシーですね。1年間で10数万だったら分かりますが、1学期(しかもQuarter)でこの値段ですからね。こればかりはやむを得ないですが。

そして学校のPC室へ行き、今度は各授業のLecture Notesを印刷することに。これがまた印刷してみると尋常じゃない量で、合計で500枚ぐらいになりました。しかもこれはInvestmentsの授業だけの量なので、他の3つの授業のLecture Notesが発表になったら大変なことになります。

これだけの資料の量を見ていると「本当にこの10週間で全てここに書かれていることをカバーするのだろうか」と思ってしまいますが、授業初日から提出しなければならない宿題があったり、Reading Assignmentが結構あるので、きっと全てをカバーするんでしょう。脳が果たしてそれらを吸収できるかが問題ですが。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-27 14:05 | 日記とか
ビジネスの本質に迫るための土台作り
Thanksgivingにメールを頂いていて、ずっとメールを出来ていなかった某氏に近況報告を含めたクリスマスのご挨拶を書き、その返事をいただきました(お忙しいところ有難うございます!)

その某氏いわく「ビジネスの本質にどこまで迫れるかでその人の市場価値が大幅に変わってく
る」、と。その方は金融の世界でずっと(30年近く)やってこられた方ですが、いわゆる「金融」のムラでウロウロしていた過去の金融マンでは使い物にならない、と。いくら専門的な知識が身についていたとしても、ビジネスの本質が分かっていなければ成功しない、ということなんでしょう。先月、弁護士の友人がCampus Visitしてくれましたが、正にこのことなんですね。

もちろん、ビジネスを勉強しただけで、その本質に迫れるとは思っていませんが、勉強で培った科学・理論が土台となり、その上に経験、才能、運などがあるんじゃないかと思います。今はその土台作りを必死に頑張ります。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-26 14:44 | 日記とか
クリスマスも終わり・・・
クリスマスも終わり、残すところ9日で来期の授業が始まります。

来期のSapraのスタディーグループの誘いを出していてずっと返事が来ていなかったBからやっと返事が届いて「やりましょう」ということだったので少し安心。Bは元I-bankerなのでSapraでカバーすることはほぼ朝飯前じゃないかと思います。Sapraの授業も期待していますが、Bを含めたスタディーグループの中で、色々と教えてもらえることを期待しています。

クリスマスカードやメッセージを頂いた皆様、本当にありがとうございました。来年も引き続き宜しくお願いします!
[PR]
by ykgsb | 2005-12-25 13:44 | 日記とか
メリクリ
今日はクリスマス・イブでしたね。今年は3連休ということもあったので、世の中の男性陣はこの日のためのレストランだのホテルだの予約をするのにかなり苦労したんじゃないでしょうか。東京の有名なレストラン・ホテルは全てこの日は埋まるので。予約が取れたとしても、レストランもホテルもこの日だけべらぼうに値段が高いですし、プレゼントも買ったり、尋常じゃないぐらい出費しているんじゃないかと推察します。まぁボーナスが出てるからOKなのかな?ご苦労さんです。

韓国も同じような風習があるみたいですが、アメリカでは「クリスマス=家族で過ごす」といった風習なので、東京のような混乱はないのではないかと思います。私が住んでいるアパートも、多分半数以上は実家に帰ったんじゃないでしょうか。かなり静まり返っています。

そんな我が家のクリスマス・イブも特にこれといった特別なことはせず、いつものように過ごしました。のんびり過ごすのも悪くないですね。

MBA受験をされている方々はそれどころではなく、エッセイを書きまくっていたことでしょう。2nd Roundの締め切りも近いですし。これもご苦労さんです・・・。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-24 13:11 | 日記とか
リスク・フリー
昨晩の鶏だんごはもう少しチュルッとさせたかったのですが、基本的に肉肉しい歯ざわりになりました。スープの味も少し薄めだったのでポン酢を入れてちょうど良いぐらいだったかな?楽しんで頂いたのであれば光栄です。それにしても面白かったなー。日本でも宜しくお願いします。

で、今朝はやや二日酔い気味でしたがシャワーでそれも洗い流し(?)、University of WisconsinでPhDのコースにいる大学時代の先輩と同期のもとへ。とりあえずひたすらI-90を西へ3時間、Wisconsin州Madisonへ。

本当に何もないと聞いていましたが、そうでもなかったです。確かにシカゴと比べれば「何も無い」かもしれませんが、のどかで暮らしやすそうなところでした。まぁでも30歳前後の人があそこに4-5年こもって勉強するというのはなかなか辛いと思います・・・。娯楽がなさすぎます。Retireした方々が老後を楽しむという環境ですよね。ちょっと大き目の別荘地みたいな感じです。

U of Wisconsinの経済学のPhDのプログラムはアメリカでも屈指のプログラムで、現在は同期に40人学生がいるそうです。ただ、そのうち半分しかPhDをとれないというのですから驚きです。要するにもう半分はKick Outされてしまうんだそうです。経済学部の学長が入学式で「私は君たちが本当の意味でこの学校に入学したとは思っていない。ここにいる半分以上の人間がここからいなくなるのは分かっている。そういう仕組みになっているんだ。ここを卒業しないことを想定した第2の人生についても真剣に考えておくことをすすめる」といった言葉を送ったそうです。勉強量も相当なようです。その先輩も同期もかなりの秀才なのですが、それでも勉強量がハンパではないと言っているので本当に大変なのでしょう。というか勉強していい成績をとらないとKick Outさせられてしまうのでそりゃ必死ですよね。そういった意味ではMBAはKick Outさせられるリスクはかなり低い(Honor Codeを守って普通にやっていれば普通に卒業できます)ですから。

自分ももっともっと頑張らなきゃならないんだな、と認識しました。はい。

今度はシカゴで大いにやりましょう。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-23 16:12 | 日記とか
Don't you love Surprises?
大切なゲストをディナーで迎えるため、今日は朝から食材の買出し。鶏だんご鍋を作っておもてなし(?)することに。ちょっとしたサプライズ。

朝一番、車に乗ってPeoria Packing Butcher Shopという、近場の精肉店へ。ここは、我々同期のスターシェフG氏が愛してやまない肉の宝庫。私も今日初めて足を運びましたが、その意味が分かりました。あたり一面肉・肉・肉。豚、牛、鶏、ターキー、ソーセージ、何でもあります。よーし、ダシを取るための鶏ガラとだんごを作るための鶏のひき肉を買うぞと張り切って鶏セクションに。

・・・。

ない。


こんなに肉がたくさんあるのに、何故鶏ガラと鶏のひき肉だけないのだろうか・・・。加工してもらえるかどうか確認するも「No, sorry」。どうやら自分でホールのチキンをさばいて、肉を叩かなければならないみたいですが、一日あるので何とかできるだろう、ということで肉を購入。Chinatownによって野菜を購入して帰宅。早速とりかかる。

ホールチキンはとりあえず取れるだけ肉を取り除いた後、キレイに洗って鍋へぶっこむ。油と灰汁との対決を乗り越えれば、あとはコトコト煮るだけ(こんなに灰汁を見たのは初めてでした)。鶏だんご用の肉は1時間とにかく叩きまくりました。ってこの量はちょっと多すぎたか・・・?

6時間近く煮込んだダシを味見すると何とか食べられる程度に。そして頑張って叩いてこねまくった鶏だんごは果たして美味しいのでしょうか・・・。ハンバーグとか鶏だんごって味見が出来ないから怖いんですよね。

さぁ、あと30分でディナー開始。しかもゲストは私が作ったのではなく、妻が全て用意したと思い込んでいるはずなので、リアクションを見るのが楽しみです。

果たしてお味のほうは・・・?乞うご期待。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-22 10:18 | 日記とか