カテゴリ:日記とか( 189 )
Easter Sunday
昨晩のお好み焼きとビールを燃やすべく、朝からジムへ泳ぎに。

一泳ぎした後は学校で宿題と予習を。何だか読み物がやたらと多くて、あまり集中できませんでしたね。パソコンに向かって何かを書いていたり、計算していたりすれば集中できるのですが、ケースを数本と、それについての理論を説いている教科書を読むということになると、非常に苦痛です。教科書を読まないとケースにも挑めないので仕方が無いのですが。Knezは、既に中間試験の宿題のノルマをこなしたので、Write-upはなく、HarrisのCorp Finのケースも割引率の算出方法に関して疑問があったので先生への質問メールを出すだけで止まってしまいました。月曜と火曜で終わらせなければなりません。ちゃんと返事は来るのかな・・・。

お昼は久しぶりに同期のTKと。今期もTKはFinanceゴリゴリの教科を数多くとっているらしく、でもそれが(大変ながらも)非常に楽しそうです。TKは全体像が見えているというか、「会社・組織全体の中でのファイナンス」というビッグピクチャーが見えているので、非常にためになります。ビジター対応の話、Bergerの話、サマーインターンの話、そして来年はどんな授業をとるべきかなど。見習わなければなりません。グリーンカレーは美味しかったでしょうか。

帰宅時は夕立で酷い天気になってました。折角のEaster Sundayが台無しでしたね。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-16 00:21 | 日記とか
出ました、Sam Adams Summer Ale
今日は食材の買出しへ韓国マーケットへ。別に韓国料理を食べるためではなく、ここには日本人にもなじみやすい食材が多いのです。納豆とか。

韓国マーケットの帰りにはいつも隣にあるDominick'sというアメリカのスーパーに寄るのですが、なんと今日はここにSam AdamsのSummer Aleが!!4月になったし、もしかしたらあるかなー、と思っていたらありました。

Summer Aleは一度も飲んだことが無いのですが、同期のGいわく非常に美味しいということだったので迷わず購入。今夜のメニューはお好み焼きの予定だったので、これにもぴったり。

お好み焼きのキャベツを切りながら、待望のSummer Aleをグビグビ。非常にさわやかな味です。レモンの皮を使っているらしく、キレがあります。まさに夏にはぴったりという感じでしょうか。1枚目のお好み焼きが焼ける前に2本飲み干してしまいました。食べ終わるころには5本あけてしまっていました。

そして今日のお好み焼きは、今までで一番良く出来たんじゃないかというぐらい美味しかったです。前回作ったときは、キャベツにあまりにも水気がなく、パサパサとしたお好み焼きになってしまったのですが、今回のキャベツは非常に美味しく、しかも大量に山芋を入れたのでふわふわでした。韓国マーケットで材料をそろえたので、揚げ玉も桜海老も調達できなかったのですが、代わりにかっぱえびせんを砕いて入れたのも悪く無かったです。

沢山飲んで沢山食べてしまったので、また明日もちゃんと運動しなければ・・・。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-15 00:09 | 日記とか
誕生日マニア
今日は同期のHNさんの誕生日。前職での影響か、誕生日と知るとお祝いのメッセージを書かずにはいられません。特に女性は、年齢を重ねるごとにあまり嬉しくないようですが、まぁでも産まれたんですからお祝いのメッセージぐらい受け取ってください。聞いた誕生日はなるべくメモするようにしています。そういう意味ではOutlookのスケジュール帳って便利ですよねー。私はOutlookのメーラーを使ってないので、スケジュール管理のためだけにしかOutlookを使いませんが(といってもスケジュールというスケジュールはあまりないので無理矢理用事を作らないと開きません)、メーラーとしても使っている人にとってはこれ以上便利なものはないでしょう。どうせメールを見るときに開くので。セキュリティ上の問題があるという噂を聞いたので私は別のメーラーを使っていますが。まぁアップデートしておけば問題ないという話も聞きますが、今のメーラーに完全になれてしまったので。

LPFでHNさんの誕生日のお祝い、といっても酒も食べ物もたんまり提供されていて、特にプレゼントも用意したわけではないので、HNさんと久しぶりにお話を。授業は大変層でしたが、サマーも決まって一安心されているようでした。一時期より余裕が出てきた表情でしたね。今日のLPFの料理は中東料理でなかなか美味しかったです。っつってもカレー風味のシチューでしたが。これって中東料理なんでしょうか。

長いようで短い一週間がまた終わろうとしています。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-14 00:32 | 日記とか
プライドは捨てるもの?
毎週水曜はCompetitive StrategyとCorporation Financeの2本立て。やっぱりCompetitive Strategyは面白いです。Knez教授でよかった・・・。Samsungのケースのディスカッションをしたのですが、SamsungのCompetitive Advantageは、会社のカルチャーに大きく支えられているという結論でした。

Knez教授は最初の授業で、「『カルチャー』という答えはStrategyの授業においてタブーだ」といったような発言をしていたので、この結論に至るまでにかなり時間がかかって、本人も苦笑していたのですが、そういうことなんだそうです。で、カルチャーは競争相手が変えたりマネするのに時間がかかると思われがちですが、実は必ずしもそうではなく、経営難に何度も陥っていた(Chapter 11を3度)航空会社のContinentalを再生させた経営陣は、たった6ヶ月で会社のカルチャーを変えた、というエピソードを披露。カルチャーだけではCompetitive Advantageを維持することは難しいんですね。よりシステムを複雑にすればするほどマネするのは難しいんでしょうが。

Samsungのケースは、日本企業を思わせることが多かったです。卓越した技術、社員の会社への忠誠心とそれを支えるインセンティブプラン、そして全てを支える日本独特の会社のカルチャー。話は変わりますが、こちらではHyundaiの車がよく走っているのを見かけますし、テレビでもガンガンCMが流れています。これも80年代のアメリカでのToyotaやHondaを見るようです。きっとToyotaやHondaもアメリカでのブランド構築はかなり時間がかかったと思うのですが(GMやFordがある中で、何故わざわざ日本車を買わなければならないんだ、という先入観)、Hyundaiも今時間を掛けてじっくりブランド構築をしているのでしょう。日本ではまだなかなか韓国の車は受け入れられないかもしれませんが。そう考えると10-20年後ぐらいには中国のメーカーもどんどん生産効率や品質向上を図ってどんどん輸出していくんでしょうね。インドも忘れてはいけないですね。アフリカ大陸の経済成長は一体どうなるんでしょう。まだ民族間の紛争が絶えないので難しいんでしょうかね。それとも誰かが意図的にそういった紛争を起こすように裏で武器を売ったりしてるんでしょうか・・・。

昼休みはInvestment Banking Groupの昼食会に久しぶりに出席。今回は「ヨーロッパ、アジアでの投資銀行のサマーインターン体験談」というテーマ。んー、それにしてもどのパネリストも当たり前のことしか言いませんねー。Tell me something I don't knowという感じです。まぁ本人達もそれには気づいているんですが。

以前シカゴにVisitされたバリバリのInvestment Bankerの方が言っていたのですが、「プライドを捨てられないとやってられない」ということらしいです。一言で言うと、今日のパネリストも言葉を変えてこのことを伝えてくれようとしていたんだと思います。そういう仕事も辛いですが、結局、大半の場合はどんな環境に入ってもどこかでプライドを捨てなければならないんでしょうし、問題は、プライドを捨てられるかということよりも、「『その仕事のために』プライドを捨てられるか」ということになってくるんでしょう。まぁどれだけその仕事が好きか、という話になってくるんでしょうね。果たして好きな仕事に出会えるでしょうか。それとも好きな仕事を作らなければならないでしょうか。

と、ちょっと余裕が出来るとこんな答えのないことを考え始めてしまうわけです。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-12 00:57 | 日記とか
素直になりましょう
早朝水泳、午前中は明日のCompetitive Strategyの仕上げ、午後からBergerというスケジュール。Bergerのケースは、不動産会社(都心部から2-3時間の土地を買い漁って、別荘を建てたい客層に売る)のrevenue recognition(収益認識?)について。

この授業で怖いのがcold call、つまりいきなり先生に指されて、質問を答えるよう求められること。授業の最初に「この人たちにcold callします」というリストが発表されるので、厳密に言えば抜き打ちではないのですが、このリストを先生が書いているときはどきどきします。日本人在校生が4-5人このクラスにいるのですが、そのうち2人(GとTK)がこのリストに入り、教授との議論をゴリゴリ、ガシガシやっていました。私だったらきっと耐えられなかったと思います。

授業が終わったらダッシュで帰宅、シャワーを浴びてヒゲをそって久しぶりにスーツを。今年サマーでお世話になる投資銀行がWelcome Dinnerをシカゴで主催してくれるとのことで、シカゴでも有名な「Blue Water Grill」というレストランへ。Chicago GSB、Kellogg、MichiganのMBA在校生で、今年サマーをやる面子が30人弱集まりました。

ChicagoGSBを昨年卒業して、NYオフィスにフルタイムで行った方と席が同じになったのですが、彼のアドバイスを一言で言うと「be modest」という極めてシンプルなものでした。それだけMBAは生意気になりがち、ということでしょうし、この方の個人的な経験だったのかもしれません。まぁ常識的に考えろということなのでしょう。

Modestであることは非常に大切だと思いますし、より重要なのが「素直」になることだと思います。私は全くこういった世界を経験したことが無いので、基本的には「使えない新入りのバイト」なわけですから、せめて素直であることが救いでしょう。長期的に見れば、盲目的に言われたことに従うだけは自分の成長のためにはマイナスだと思いますが、この10週間という超短期的なスパンで見れば、ウダウダ考えているよりも、とにかく手を動かしていたほうがよっぽどお互いに良い結果に結びつくんじゃないかと思うのです。私の場合はそもそも考える頭が足りてないので、そういう意味では一生「兵隊」なのかもしれませんね。それはそれで全く構わないのですが、撃たれないようにしないと・・・。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-11 01:59 | 日記とか
でっかい魚
また新しい一週間の始まりです。午前中は水曜日のCompetitive StrategyのケースのWrite-upを集中的に。Samsungのケースで、Samsungが何故低コスト構造を維持できているか、そしてそれは中国勢がマーケットに入ってきても維持できるか、どのように価格プレミアム戦略を維持しているか、同じくそれは今後も維持できるか、といった内容でした。きっとまたいいディスカッションが行われることが予想されるので、こういうケースは書いていて楽しいです。

お昼はスイミングクラブへ。今日は初めてヘッドコーチのSFが泳いでいる姿を見たのですが、彼は人間ではなく、実は魚だということが分かりました。あんなふうに泳げる人間を間近で見たのは初めてです。25mプールなのですが、もぐってグネグネ潜水している姿はまさに水族館で見る深海魚そのもの。一度も浮かないまま25m先にたどり着いてしまうんです。しかも全く息が乱れません。私がぜーぜー言いながらSFの隣で休憩していると、気づいたらもうプールの反対側にいますし、あれ?と思ったらまたこっち側にいたり。音がしないんです。魚です。魚。25mが短すぎてちょっとかわいそうでした。

ほぼ1週間ぶりに泳ぎをチェックしてもらいましたが、腰をもっと使ってローリングするようにと言われました。これがまた疲れる・・・。それ以外はなかなか良いということだったのでよかったです。

午後は明日のBergerのスタディーグループ。最後の最後まで勉強部屋を予約していなかったのか、結局部屋が全て埋まってしまっていたので、仕方なくWinter Gardenで済ませることに。グループメンバーで、スイミングクラブでも一緒のJは、かなりいい加減な奴だと思っていたのですが、実は前職はヘッジファンドでファンドマネージャをやっていたとのことで、会計分野には非常に強く、ディスカッションは彼の独壇場でした。いやーすごい。びっくりしてしまいました。泳ぎは私より下手っぴですが、すごい人だったんですね。失礼しました。

それにしても今日は素晴らしく天気が良く、帰りはLakeshore Driveを全て車の窓を開けてドライブ気分。きっとオープンカーだったらもっと気持ちいいんだろうなー、と思いました。子供が独立したら運転してみたいです。まだ産まれてもいないのに。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-10 11:15 | 日記とか
ちょっと先のことについて
人間、多少余裕が出来ると目の前のことだけでなく、もっと先のことを考えるようになると思いませんか?先学期に比べて私は多少時間に余裕が出来たので、ちょっと先のこと(産まれてくる子供やサマーインターンのこと)やもっともっと先のこと(MBA卒業後や「親」になることについて)をよく考えるようになりました。

特にMBA卒業後の就職先については、よく考えるようになりました。同期のサマーインターンのための就職活動の話や、15年近く前にMBAを卒業された方の話などを聞いていると、「一体自分はどうしたらいいんだろう」と考えてしまいます…。

・・・んな考えても仕方ないこと考えてる暇があればもっともっと勉強して、それから見えてくるものがあるはずだ、という結論に現在は至っていますが・・・。きっとこういうサイクルなんですね、私の人生って。

え、子供のことは考えないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、子供は正直「こういう人に育って欲しい!」と思ったとしても、いずれは自分の意志を持つ一人のオトナになっていくわけですし(かといって子育てを放棄するのではなく、挨拶は出来るぐらいの子供にはしたいと思っています)、自分の考えを押し付けるよりも色んな可能性を示してあげて、自分で自分の人生を決めてもらうしかないと思っています。そんなことよりもまずは元気に生まれてきて欲しいと願うだけです。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-09 11:06 | 日記とか
オレンジ色の水着
妻と二人で遅めに目覚めたため、ブランチをしにどこかへ行こうということに。先週、45分待ちと告げられたPhoenixの飲茶にリベンジすべく、再度チャイナタウンへ(週一回の買出しがあるからチャイナタウンという理由もあるのですが)。

11時にPhoenixに到着し、余裕で席に案内されるも、あと少しでもう満席です。やっぱり人気なんですね。案内された席が飲茶のワゴンの出入り口のすぐ近くだったので、最初の10分ぐらいは通るもの全てあれこれお願いして食べまくりましたが、やはり先週のHappy Chefとは比べ物にならないぐらい美味しいです。Happy Chefよりちょっと高いですが、ちゃんとそれを払うだけの価値はあったと思います。

買出しも終えて一旦帰宅した後、私は学校近くのジムへ泳ぎに。最初は1時間で1kmも泳げなかったのに、今日は50分で(もちろん休み休みですが)2km泳げました。少し体力がついてきたのかもしれません。体力といえば、駐車場が同じで知り合いのS(ってどんな知り合いだ、という感じですが)がプールに登場し、レーンをシェアすることに。彼はやたらとゴツいと思っていたのですが、どうやらEscape from Alcatraz(アルカトラズからの脱走)というトライアスロンに6月にチャレンジするらしく、その調整で今日は泳ぎにきたとのこと。なるほど、トライアスロンにチャレンジできるだけの体格はしています。泳ぎも大きいです。隣で泳いでいるのが恥ずかしかったです。

そう、長距離泳げるようになったのはいいのですが、紺色だった水着が何故だか知りませんがオレンジ色に染まってしまいました。「これって塩素のせい?」と思いつつも、泳いでいる人は誰一人オレンジに染まっていないので、一体この化学反応は何なんだ、と謎につつまれたままです。しかも全部キレイにオレンジ色に染まっているわけではなく、「明らかに紺色だったんだけど何らかの理由でオレンジに染まっちゃったんだよ」と言わんばかりの染まり具合なので恥ずかしいです…。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-08 13:08 | 日記とか
基本的にいい加減だろう、こいつら
木曜の夜に履修する予定だった「Advanced Managerial Accounting」をドロップしたので、今日は授業がありません。その代わり、火曜のBerger(会計のクラス)のスタディーグループが午後に開かれる予定だったので、朝から宿題のケースを。

お昼になっても、「時間とか場所の詳細はメールするから」といったJからのメールが届かず、我慢できなくなって「あのー、今日って集まるんじゃなかったっけ?」とグループに投げると、グループでも基本的にやる気のなさそうなDから意外にも最初のレスが。

「最後の最後で申し訳ないんだけど、この授業をドロップすることにしたわ。迷惑かけてごめんなさいね。でも私がいないほうがストレスがなくていいかもね!ははは!ばいばい!」

・・・。

まぁ、確かにそうかもしれませんが。なかなか自分のキャラを分かってらっしゃる・・・。これも一つのSelf Awarenessですね。


30分ぐらい経過すると、メールを出すはずだったJから返事が。

「やっぱり月曜に集まろう」

おいおい、お前このケース読んだのかい?っつーか今日まで読む時間がなかったから今日集まるの逃げてるだけでしょ・・・?火曜の午後提出なのに、月曜の午後に集まって話し合って、考えをまとめて、ライトアップして、修正してってのはちょっと時間が足りないんじゃないのかい?まぁ木曜の時点で全くケースを読んでいない状態で議論しても全く意味がないのでそういう意味では無駄な時間を過ごさずに済みましたが。

別に大きなプロジェクトでもないですし、単なる宿題なのでそんなに硬く考える必要はないかもしれませんが、やるっつったことはやりましょうよ。仕事だったらこんないい加減なことはしないわけでしょ?仕事でちゃんとできるんだったら、学校でもちゃんとやりましょうよ。基本的に両方ともグループでやってるわけですから。インターンに行ってこんなんだったらボコボコにされますよ。

あまり長い間ビジネスから離れてしまうと、やっぱりたるんでしまうのでしょうか。それともあまり成績に反映されないから力をセーブしているだけなのでしょうか。全て全力投球だったInvestmentsのグループが懐かしい・・・。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-06 22:32 | 日記とか
もっと中国人との交流を
今日はKnezのCompetitive Strategy、そしてHarrisのCorporation Finance。Knez教授はなかなか良い教授だということが分かりました。Dellのケースをやったのですが、極めて分かりやすくDellがどのように競争戦略的に優れているかのDiscussionをリードしてくれます。ちゃんと2回も発言できたし・・・。何よりもテンポがいいですね。リズムに乗ってます。

それに比べてHarris教授・・・。もうトホホとしか言いようがありません。全くディスカッションになりませんから・・・。90分睡魔との闘いでした。この科目はサマーに向けて一番よく理解できてないといけないはずなのですが、心配です。

お昼は、先日拾った落し物の持ち主に誘われて(お礼ということで)校舎近くのアジアン料理屋へ。故郷の話から、MBAに来るまで、そしてMBA後の話まで色々と話しました。特にMBA後の夢や目標に関する話題が多かった気がします。「サマーは何故○○にしたんだ」とか「起業しないのか」とか「将来は何をする予定なんだ」とか。これは彼女が中国人であることに関係あるか・ないかは分からないのですが、未来に対する思いとか、絶対に成功してやるぞという野望とか、そういったハングリー精神が非常に旺盛で、プライドが高いということがよく分かりました。しかしそういったハングリー精神やプライドとは裏腹に、やはり言語の壁については嘆いていました。今でも毎日英語を勉強しているみたいです。

韓国人とは何となくすぐ仲良くなれるのですが、中国人の友達は、なかなか出来ません(私だけ?)。こちらの問題なのか、あちらの問題なのか分からないのですが、もっと接点を作って、お互いの意見を交換し合うべきなんじゃないかと思いました。結局はこうやって会話をしていくことでしか、お互いの民族を理解できないですし。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-05 05:58 | 日記とか