2006年 03月 15日 ( 1 )
Investments試験前夜
今日も朝からInvestmentsのStudy Groupに参加。これで彼らとのStudy Groupミーティングは最後になりましたが、本当に多くの学びを提供してくれたグループでした。全員マジメでちゃんと事前準備を怠らず、時間通りに来るといったところは、なかなか調子の良いアメリカ人はやってくれないことで、彼らのような人がきっとアメリカのビジネス界を今後支えていくのだろう、と思いました。

午後も引き続きこの流れでInvestmentsを集中的に。CAPM、Black Scholesといったようにバシバシノーベル賞をとった金融の理論を叩き込まれ、更にあと数年以内にノーベル賞を取るのではないかと言われている(少なくともInvestmentsの教授のMoskowitzはそういっています)Fama Frenchモデルも学び、何だか少し賢くなった気分です。むしろ「自分はこれだけのことを知らない」ということを知った感じです。

いつ、どうやって使うのかについては実社会に出てみないと分からないのですが、少なくともこういったことに触れて、何となくどういったことなのかを理解することが、まずはビジネススクールの1年目では大切なんじゃないかと思っています。結局(例えば)MITの数学メジャーのゴリゴリエンジニアには絶対に数学では勝てませんし、これを専門的に学ぶためにビジネススクールにきているわけでもありません。でも彼らのような専門家(それがFinanceの分野であろうとMarketingの分野であろうと)と会話を交わすための共通言語を、多少浅かろうとも幅広く身に付けているのだと思います。

何を学んだか、学ばなかったか、というのは結局、授業で何が教えられるかということや、自分がどれだけ勉強したかというよりも、自分がどうやってそれを受け止めるか・消化するかということなのかもしれません。勉強しなくても「多くを学んだ」と感じる人もいるかもしれませんし、逆も然りでしょう。
[PR]
by ykgsb | 2006-03-15 21:27 | 日記とか