2006年 03月 01日 ( 2 )
何も言えなくて・・・サプラ2
好評につき、第2弾です。

あのエントリーの後、パシリ役の私はボス2人に命じられたとおり、Sapra教授にアポを入れ、ボス2人が分からなかった質問を聞きに行きました。質問はすぐに答えてもらうことが出来たので、全体的にモデルに問題が無いか見てもらったところ・・・

Sapra教授(S)「Why are these items here...?」

私(以下ykgsb)「Hmm... Let me think..it's because....(といいつつ何も分かっていない)」

S「hmm...」

ykgsb「Well...I ... 」

S「...okay, okay, so... I see, so... okay... (頭の中で相当な計算が行われている様子)... So.... you're GOD DAMN RIGHT THAT THIS SHOULD BE HERE!」

ykgsb「...」

S「I have done this model for 3 years, and not a single student has had these items in the model, and I have never thought of them either... I am quite impressed! You guys did a terrific job!」

ykgsb「......Great!」

サプラ教授本人も、何も言えないぐらい、素晴らしいモデルだったということでした。それを聞いてちょっと安心しましたが、やっぱりもっと自分もやらなきゃならんですね。

サプラ教授のオフィスにいるとき、この曲が頭の中をずっと流れていました。歌詞をご覧になりたい方はこちらから。テーマ曲にでもしようかな・・・。
[PR]
by ykgsb | 2006-03-01 14:13 | 日記とか
何も言えなくて・・・サプラ
そういえばJ-walkというバンドがいましたね。彼らは今一体何をしているのでしょう。

そんなことはさておき、今日は朝からSapraのスタディーグループ。既にIMが仕上げてきたのであとはみんなで数字を細かくチェックするという作業。一人ひとりでチェックしてもダメなので、結局集まって一緒にStress Testをしなければなりません。同じグループのBCは以前Banker、そしてこのモデルを作ったIMはCPAということもあり、彼らのディスカッションになかなかついていくことが出来ません・・・。8:30から集まり、最初のほうはちゃんとついていくことが出来たのですが、2時間ぐらい過ぎた頃から「Yes」、「Of Course」、「Hmm」しか言えなくなりました。そしてお昼の時間になると彼らのランチを買いに行くパシリ君にまで落ちぶれてしまいました。んー、このグループは予想通り厳しい・・・。

結局Sapra教授に聞かなければ分からないところまで煮詰まってしまったので、それを聞きに行って、それがクリアになったら数字をもう一回見直して、また明日の昼に3時間集まることにしました。果たしてそれまでにチェックできるのだろうか・・・。きっと私の活躍は期待していないでしょうけれども・・・。その間に他に出来ることを探してやるしかありませんね。Executive Summaryはきっと周ってくるはずなのでそれを先回りしてやりたいと思います。このままでは終われません。
[PR]
by ykgsb | 2006-03-01 06:06 | 日記とか