2006年 02月 17日 ( 1 )
アジア人といる心地よさ
午前は妻の定期健診に付き添うため、Sapraの授業はお休み。次の日に授業があるのでそれに出ることにしました。外はマイナス7℃で、歩くと30分近くかかってしまうので今日はタクシーに載って検診を受けに行くことに。

予定より早く到着したため、早めに診てもらうことが出来ました。今日もお腹にマイクのような機械を当てて赤ちゃんの心拍音を聞くだけというものでしたが、前回よりもより明確に心拍音が聞こえてびっくり。前回は母親の心拍音ばかり聞こえてしまっていましたが、今回は全く違いました。いやー、やっぱり大きくなっているんですね。心拍数も通常範囲内で、母体も健康ということで妻とともに安心!帰りの足取りも軽かったです。

一旦家に帰って午後のSmithの宿題を済ませ(Thanks to 同期KI)、いざ学校へ。運良く学校の目の前に路駐することが出来、寒い思いをしなくて済みました。Smithの授業は3時間のレクチャー。Smithの授業で気づいたことは、ケースや宿題は本当に面白いのですが、Smithの講義のプレゼンノートが見づらいのと、ほぼ全てが同じフォントで書かれているので何が重要か一目では分かりません。せっかく講義もエキサイティングにしようとしてくれているのですから、もう少しLecture notesを改善するともっと良い授業になるのに・・・と思っています。もったいないです。

授業の後のLPFでは同期YMのNew born babyに二度目のご対面。ベビーシャワーで渡したプレゼントを早速使って頂いているようでこちらとしても嬉しい限りです。3週間前に会ったときより、皮膚がツルツルになっていました。ウチも元気な赤ちゃんが産まれるといいなぁとつくづく思いました。

LPFの後は他のアジア人10人ぐらいと飲むことに。当初の予定としては5人だけだったのですが、友達が友達を呼び、またその友達がその友達を呼び、結局倍の人数に(K>手配お疲れ様でした)。しかも最初の5人に入っていた一人は出席出来ず・・・。ダウンタウンにあるOYSYという、日本でいうとフュージョン系のダイニングバーへ。揚げ出し豆腐、カリフォルニア風寿司、キリンの一番搾りと日本酒(白鶴)のお燗を堪能。値段を考えると味もそこそこで、雰囲気も悪くないので結構楽しく過ごせました。他のアジア人も満足げでした。

マイナス10℃の寒さの中、二次会はRockbottomsへ。Chicagoに来て初めて来たPubがここ。何だか既にその出来事が懐かしく思えます。ビールをピッチャーで頼みまくり、日本でお馴染みの山手線ゲームやせんだみつおゲームなどをしました。この他にもQuestionゲームという面白いゲームも紹介してもらい、大いに盛り上がりました。やっぱりアジア人といると落ち着きます。全員英語がベラベラで、全員顔を隠したら完全にアメリカ人のしゃべり方なのですが、話の展開とか、飲み方とか楽しみ方とか、やっぱりどこかで共通する根底の部分があるんではないかと思います。そもそもゲームとかしないですからね、欧米人は。そもそも座りませんし。

気づいたら既に2時。4時間もあの店にいたことになります。考えてみるとあの面子の中には、Harvard出身者が一人(しかもHarvardの経済を3年でしかも首席で卒業、残りの1年はMITで過ごしたそう)、MIT出身者が二人という超秀才軍団にも関わらずバカみたいに盛り上がりました。そして帰路はマイナス17℃の中をKと共に15分程度歩きました。マイナス17℃は個人的な記録更新なんじゃないかと思います。

ということで・・

本日のビール:キリン一番搾り×1(750ml)、Rockbottomsで作ってるビール×8杯?
その他のお酒:白鶴×おちょこで5-6杯ぐらい
[PR]
by ykgsb | 2006-02-17 14:59 | 日記とか