2005年 12月 23日 ( 1 )
リスク・フリー
昨晩の鶏だんごはもう少しチュルッとさせたかったのですが、基本的に肉肉しい歯ざわりになりました。スープの味も少し薄めだったのでポン酢を入れてちょうど良いぐらいだったかな?楽しんで頂いたのであれば光栄です。それにしても面白かったなー。日本でも宜しくお願いします。

で、今朝はやや二日酔い気味でしたがシャワーでそれも洗い流し(?)、University of WisconsinでPhDのコースにいる大学時代の先輩と同期のもとへ。とりあえずひたすらI-90を西へ3時間、Wisconsin州Madisonへ。

本当に何もないと聞いていましたが、そうでもなかったです。確かにシカゴと比べれば「何も無い」かもしれませんが、のどかで暮らしやすそうなところでした。まぁでも30歳前後の人があそこに4-5年こもって勉強するというのはなかなか辛いと思います・・・。娯楽がなさすぎます。Retireした方々が老後を楽しむという環境ですよね。ちょっと大き目の別荘地みたいな感じです。

U of Wisconsinの経済学のPhDのプログラムはアメリカでも屈指のプログラムで、現在は同期に40人学生がいるそうです。ただ、そのうち半分しかPhDをとれないというのですから驚きです。要するにもう半分はKick Outされてしまうんだそうです。経済学部の学長が入学式で「私は君たちが本当の意味でこの学校に入学したとは思っていない。ここにいる半分以上の人間がここからいなくなるのは分かっている。そういう仕組みになっているんだ。ここを卒業しないことを想定した第2の人生についても真剣に考えておくことをすすめる」といった言葉を送ったそうです。勉強量も相当なようです。その先輩も同期もかなりの秀才なのですが、それでも勉強量がハンパではないと言っているので本当に大変なのでしょう。というか勉強していい成績をとらないとKick Outさせられてしまうのでそりゃ必死ですよね。そういった意味ではMBAはKick Outさせられるリスクはかなり低い(Honor Codeを守って普通にやっていれば普通に卒業できます)ですから。

自分ももっともっと頑張らなきゃならないんだな、と認識しました。はい。

今度はシカゴで大いにやりましょう。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-23 16:12 | 日記とか