高いランチ
チャイナタウンへブランチの飲茶を。チャイナタウンの駐車場事情はひどく、お昼前に行っても停めるところが殆どありません。そこで前回、チャイナタウンにあるWalgreen(コンビニに毛が生えたようなスーパーみたいな店)客専用の駐車場に停めて、何も問題なかったので今回もその駐車場に停めることに。

美味しく飲茶を食べて、スーパーで買い物をして駐車場に戻ってみると、なんと停めたところに車がありません!!ギョギョギョ!マジっすか!?「駐車したままあなたがこの敷地を出ると、レッカーします」という警告はちゃんとあるのですが、本当にやられるとは・・・。

仕方なく、レッカー業者にすぐ連絡し、レッカー先の住所を確認。チャイナタウンからの距離を聞くと、「Well, it's not close」という反応。F*ck!!10kgぐらいあるお米も買ってしまったので歩いていけるわけも無く、仕方なくタクシーを拾って行くことに。幸い、タクシーが通ったのですぐに拾えたのがせめてもの救いでしょうか。

行き先を告げると、「随分と遠くに行くね」といわんばかりの反応。予想はしていましたが、シカゴでもかなり危ない地域を通り抜けて行く事に。タクシーを拾えたのもラッキーでしたが、タクシーに乗ってから「夜じゃなくてよかった・・・」と思いましたね。Hyde Parkも結構危ないといわれますが、そんなの可愛いモンです。私もアメリカ経験は長いほうで色んなところに行った経験はあるほうですが、いやー、怖いっすね。10kgの米の袋なんて買ってる場合じゃありません。

目的地到着。いわゆるJunk Yardに私の愛車はありました。随分と厳重なつくりの受付で罰金を支払い、車を取って逃げるように帰りました。まだ他に買い物はあったのですが、今日は車には乗らないほうがいいという妻との判断でその買い物はしないことに。その代わり、近くのスムージー屋さんのタダ券があったので散歩がてら行くことに。

ヘルシーをテーマにしているこのお店。オーダーすると作ってくれる、いわゆるスターバックス方式。そしてこっちのスターバックスは、飲み物が出来上がると自分の名前で呼んでくれる仕組みになっているのですが、私の名前はアメリカ人には呼びづらく、やりとりが面倒なのです。案の定、オーダーした直後に妻と私両方の名前を聞かれたので、すかさず:


「スティーブとキャレン」


と伝えました・・・。

別に変な顔はされませんでしたが、妻が笑いをこらえるのに必死でしたね。私も「この顔でスティーブかよ」って心の中で自分に突っ込んでましたが。

しかもこの飲み物、レギュラーサイズなのに巨大!!そりゃヘルシーなのはいいけど、こりゃ飲みすぎでしょ!二人で1つで十分だね、といいながらミレニアムパークを散歩。沢山人が出てました。帰宅途中に先日遭遇した同期Gの奥様Mとまた遭遇し、ちょっと立ち話。引越しの話とか中間の話とか。それにしても活発な方です。すごいエネルギーですね。

今日はAdmit Weekendの流れでどこかでAdmitと在校生を交えた懇親会があるらしいのですが、行くかどうか迷っているところです。車をレッカーされたのが何だか随分前のようのことに思えます。高いランチでした。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-22 09:28 | 日記とか
<< 中間試験前々日ですが Admit Weekend II >>