Delivery of Speech
Berger教授の授業での出来事。

この授業は、課題で与えられたケースに対して、Cold Callされるのですが、今日のCold CallされたVさんはひどかった・・・。よくもまぁ、そんな的外れなことを自信を持ってぺらぺらと1分近くしゃべれるものです。しかもそれが一回ならいいのですが、全ての質問に対してなんですから。Berger教授もいい人なので、「うん、それは確かにそうなんだけど・・・」とか「ここの部分はどう思う?」とか、「なるほど、そのポイントは良く分かったんだけど・・・」という言葉で返すため、本人は自分がどれだけ見当違いなことを発言しているかが分かりません。最後のほうはさすがにBerger教授もあきれ気味で、最終的には「いや、それはちょっと違う」とバッサリ切ってましたが、それに対してさらに反論するんですから、ある意味凄いです。

でも、モノの言い方というか、何かを話す際の態度は非常に大切なんだな、と思いました。最初は、このVさんが最もなことを言ってるんじゃないかと勘違いするので。

そんなこんなで、もう来週は中間試験なんですよねー。いやー、時間が経つのは早いです。木曜から週末に掛けてが勝負どころになりそうです。さぼっていたReview sessionにもそろそろ顔を出さないといけません。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-18 03:17 | 日記とか
<< 値上げ、そしてまた値上げ 東京からの来訪者 >>