揚げ物大臣
前の晩、寝る前に胃薬を飲んだので、起きたときの二日酔いはそれほどひどくなく、むしろお腹がすいてしまっていました。妻も私も飲茶の気分で、ちょうどお昼の時間だったので、食料品の買い物がてらチャイナタウンで飲茶をすることに。

シカゴのチャイナタウンで飲茶といえばPhoenix、というぐらいこの店は人気店なのですが、たどり着いたのが12:30というピークの時間だったため、入り口には既に長蛇の列が。待ち時間は45分と告げられたので仕方なく別の店を探すことに。

チャイナタウンのアーケードを歩いていると、Dim Sum Houseという看板が。ちょうど先日訪れた老四川の隣にある「Happy Chef」という店でした。ChefがHappyでどうするんだ、と突っ込みたい気もしますが、こういった名前の中華料理屋はアメリカには多いもの。

決してキレイな店内とは言えず、サービスもかなり無愛想で大雑把ですが、それなりに安く、美味しく食べられます。一皿に盛られている量が多くないので色んなものを楽しむことが出来ます。大人数で行くともっと楽しいかもしれません。

昨日のお酒に加え、飲茶で揚げ物を食べ過ぎてしまったため、胃は完全にギブアップ・・・。妻もだいぶ胃もたれしてしまったようで、夜は二人で納豆ご飯を…。これもまた美味いので大好きなのですが。
[PR]
by ykgsb | 2006-04-02 03:56 | 日記とか
<< 落し物 アートガイア・ミュージアム オープン >>