息子
今日は朝から妻の定期健診への付き添い。しかし今日はいつもの定期健診とは違います。今日はエコー検査があって、その検査で男の子か女の子かが分かる(というか我々は事前に知りたい、と申し出たので)検診なのです!

薄暗い検査室(よくエコーの画面が見えるためにだと思うのですが)へ恐る恐る入っていき、何の前触れも無くエコー検査は始まりました。頭から足の先まで、全てエコーで見せてくれ、全てが正常値の範囲だということが分かり、ひとまず安心。そしてついに「Are you interested in knowing the gender?」という質問が。そのために今回のエコー検査をやったと思っていたので迷わず答えは「Yes」。

2-3分グルグルやっていると「Here it is」と男性を象徴する部分をエコーでポイントしてくれ、「It's a boy」ということでした。まぁ、一人目の子供なので男の子でも女の子でもどちらでも良いとは思っていたのですが、一旦男の子だと分かると「ほー、男の子かー」と何だかワクワクしてきました。家に帰っても「ほー、男の子かー」と名前大百科を見ながら名前を考えていました。

妻はというと「ほー、男の子かー・・・」とちょっと浮かない顔。浮かないというか、絶対に女子だろうと思っていたらしく、かなり驚いている様子でした。というのも、妻の家族は女性ばかりで、これが彼女の家族にとって初めての「男の子」なのです。私は男の子で少しプレッシャーから開放された感じです。長男だからといって家を継続させなければと強くは思っていないのですが、やっぱり少しはそういう気持ちが無いわけではありません。特に私の父親や義父も喜んでくれるのではないかという意味では、嬉しいです。

a0040283_1331429.jpgまぁでも男の子と決まったからといって油断は禁物ですね。妻とジュニアにはよりいっそうのケアをしていかなければなりません。名前は少しずつ候補を挙げていきたいと思っています。画像は奥田民生の「息子」です。いつか歌ってあげようと思います。
[PR]
by ykgsb | 2006-03-20 12:46 | 日記とか
<< NY滞在期 その1 幸先の良い春休みのスタート >>