Sapra教授の人間像
今日はSapraとSmithの最後の授業でした。今期の金曜は二つ会計関連の授業で、しかもかなり重たい二つだったので、大変でした・・・。そんな冬学期も今日で終わってしまいます。

Smith教授は「楽しかったワー!ありがと!」という程度で終わってしまったのですが、やはりSapra教授は期待にこたえてくれました。


「Love what you do and have someone to love」


クサいといえばクサいですが、Sapra教授にだからこそ言える言葉で、彼だからこそ何だかズシッと伝わるものがあります。熱血教師Sapra。彼は教授としても素晴らしいですが、人間としても非常に温かみのある人でした。来年、彼はLBOの授業を教えるという噂があるのでそのときにまた会えればと思います。

・・・そんな彼もクサい言葉で終わるわけはなく、結局は最後の冗談でクラスを大爆笑させ、教室を去っていきました。ありがとうSapra教授。あなたの授業にちなんで、このBlogのタイトルを若干変更します。
[PR]
by ykgsb | 2006-03-10 10:05 | 日記とか
<< 春学期の授業決定 Moskowitz教授の人間像... >>