モヤモヤ解消
午前中はInvestmentsでついにBlack Scholesモデルをカバー。

・・・。

特に何の感動も無く・・・。サラっと流れていきました。

午後は再度サプラのグループで集合。(しつこい?日記だから仕方ないですね)2-3時間でこのプロジェクトにとどめを刺すつもりが、掘り下げれば掘り下げるほど、修正できるところが見つかってしまい、4時間近く議論するも(っつっても私は殆ど蚊帳の外)前進しないまま解散。なるほど、Financial Modelってカンペキなものっていうのは無いんですね。あくまでも「この時間制約の中での」カンペキはあったとしても。そんなことを学ぶためにこの教科をとったわけではないですし、他のメンバーはいい迷惑かもしれませんね・・・。

こんなに何も貢献できないのも久しぶり(?)だと思うので、「果たして自分は何を貢献したのか(しているのか)」と考えてしまいます。きっとこういう自分に対する問いを始めて回答が見つからないのが性格が暗くなっていく理由なんでしょうけれども、幸い、「そうだ、俺はそもそもこのグループを組もうと他の2人に声を掛けた点で貢献しているはずだ!きっとBCもIMもお互いに色々と学んでいるからその場を提供するにあたって自分は貢献した!」とかなりビミョーな理由(言い訳)で開き直ることにしました。それに「長い目で見れば遠い未来に彼らが困ったときに何かお手伝いできるかもしれない!」という更に強引な言い訳で完全に自分の中のモヤモヤを片付けました。

こういった一つ一つのモヤモヤをちゃんと自分の中で消化して整理していかないと前に進めませんから。

だから、グループでまとめなければならないExecutive Summaryを「IM→私→BCの順番で回そう」(つまり私は実質的に何もするなと言われているようなもの)と提案されても「Sure. I'm fine with that」と0.1秒未満で答えられるわけです。

プライド?んー、自分でも自分のプライドはかなり高い方だと思いますが、確かどこかの誰かが「プライドは高いだけじゃダメで、状況に応じて捨てられなくちゃ意味がない」と言っているのを聞いて、それ以来それを信じてやってきてます。
[PR]
by ykgsb | 2006-03-02 03:11 | 日記とか
<< Admit weekendとB... 何も言えなくて・・・サプラ2 >>