前世は犬
いよいよ中間試験Weekに突入。今期は4科目ですが2科目しか中間はありません。

朝はInvestmentsのグループメンバーと一緒に過去問の答え合わせとMarginal CovarianceやMarginal Sharpe Ratioなどのコンセプトの確認。彼らは単純に公式を覚えるよりも、やはりコンセプトを少なくとも直感的に理解したいみたいで、エクセルを使って数字で遊びながら「なるほどー」とうなっていました。私はエクセルを言われるがままに操作していただけですが、やはり勉強になります。Investmentsの勉強というよりも、彼らの行動を通じて「やはり知的好奇心が強いから優秀なんだ」と。「好奇心旺盛」という言葉をよく耳にしますが、果たしてこれは生まれ持った才能みたいなものなのでしょうかね。それともこれも環境やトレーニングの結果なのでしょうか。いずれにしても子供のうちにどれだけ「ナゼ?」に対する探究心を持つかで、一生の知的好奇心が決まるのではないかと思います。そう考えると「ナゼ?」と考えるようにトレーニングすることも可能なのかもしれませんね。ちなみに私は理屈抜きに「とりあえずそう言われたらそう」、と信じてしまう方です。よく言うと「言われたことを忠実にやるタイプ」。悪く言うと「何も考えてない」、「創造性がない」。部下に向いているのでしょうか。前世は間違いなく犬です。そういえば今年は戌年ですね。私は午(うま)年ですが。

昼をはさんでSmithのスタディグループ。Pro-formaを作るにあたっての、売上成長率などのAssumptionを作るための議論。日本人在校生Kが一緒のグループなのですが、いやー、彼の視点は勉強になりますし、自分とKが作った前提が一緒だったりするとちょっぴり嬉しくなったりします。「間違ってなかったんだー」と。

夕方は自習室にこもってSmithの続き。帰宅して夕飯後もSmithの続き。夕飯後は例のごとく眠くなったのですが、睡魔との闘いに勝利し、これが功を奏してある程度Smithの目処をつけることが出来ました。これで水曜日は一日Sapraに費やせる!よし!

待ってろよー、Sapra・・・
[PR]
by ykgsb | 2006-02-06 00:58 | 日記とか
<< Jimmy Pendrixの定規 Super Sundayの誘惑に敗北 >>