ライブドアとか(←ホリエモン風)
ライブドアの社長、ホリエモンが逮捕されました。2006年のトップニュースにでもなるんじゃないでしょうか。会社や事業、そして社員はどうなってしまうのでしょうね。逆の発想で「服役中のホリエモンLive!」とか、「裁判中のホリエモンLive!」といった企画をやってみるのも面白いかもしれませんが、倫理的にあまりよくないですね。

この件については色んな人が色んな意見をお持ちだと思いますが、私が個人的に思うのは「果たして自分がホリエモンの立場だったらどうしていたか」ということです。大学を中退して自分の手一つで会社を立ち上げて合併を続けて大きくしていって、どんどん時価総額が上がって、会社が成長して六本木にオフィスを構えられるようになって「ライブドア」の名前を知らない人がいなくなって、どんどん面白くなっている中で、果たして今回逮捕されるきっかけになった出来事の分岐点に立ったときに、「いや、それはやめよう」と考えられたかどうか。大企業の雇われ社長であれば、思いとどまるかもしれませんが、ホリエモンの場合はLivedoorは自分の子供みたいなもの。会計や税金のありとあらゆる抜け穴を知っていて、法律スレスレのところで決断を下していることも多いと思います。そんな中で、果たして自分だったら欲に目が眩まなかったか。今回もスレスレで抜けられるだろうと考えなかったか。命をかけて「世界一の時価総額の会社」を目指していたとしても、「いや、やっぱりやめよう」と考えられたか。法を破るのはダメだと十二分に承知はしていますし、彼を擁護するわけでは決してありませんが、彼の立場を考えると実際に踏みとどまるのは相当難しいんじゃないかと思います。自分だったら・・・。んー、あまり自信がないですね・・・。端から見ているから「けしからん!」と簡単に言えますが。

大もうけするか、大コケするかは、本当に紙一重なんだなとつくづく思った事件でした。

本日のビール:Budweiser×2(@ボーリング場)
[PR]
by ykgsb | 2006-01-24 12:20 | 日記とか
<< カレー激ウマ もう少し広い視野でプライオリテ... >>