FSAは青春
完全に朝方人間に転向かもしれません。今日も5:30起き、7時登校。いつまで続くことやら。

昨日のFSAの続きをひたすらやる。教科書は読み終わったので新聞や雑誌記事を読み終え、やっと宿題そのものに取り掛かる。宿題に取り掛かると、これがケースなので更にAnnual Reportやデータを読まなければ解けない・・・。ちなみにケースはPepsiCoとCoca-Colaで、どれだけCoca-Colaの株主重視経営がPepsiCoと比べてすごいかということをカバーしているもの。それにしても「これでもか!」というぐらい、どれだけ企業の戦略が各種数値を左右するかということを徹底的に叩き込まれます。「戦略はどうだ。それを裏付ける数値はどうだ。」このエンドレスリピート。壊れたレコードみたいに「戦略、数値、戦略、数値・・・」とやり続けました。

夕飯の時間になっても終わらなかったので帰宅して更にやる。これまで「戦略」とかはなんとなくふわふわしているものかと思っていましたが、これだけ数値で示されると納得せざるを得ません。Smith教授が「いきなりFinancial Statementを見る前に必ずその企業の全体的な戦略や業界標準といった広い視野を持つように」といった理由が分かります。

そしてこうやってブログを書けるのもやっと宿題が終わったからです・・・。長い道のりだったなー。これが10週間続くと思うとちょっと大変ですが、会計の数字を見て「なるほど」とか「へー」とかって思ったことが今まで殆ど無かったですし、徐々に会計アレルギーがなくなってきているのかもしれません。ケースが分かりやすくて面白いですし、何よりも先生が熱心に教えようとしてくれる姿勢が伝わるので、こっちも頑張らなければと思います。


心地よい達成感に浸っていながら「それにしても宿題が多いなー」と思ってシラバスを読み返していたら単純に2週間分の宿題をいっぺんにやっていただけでした・・・。前倒しでやっておくことはいいのですが、ちょっと頑張りすぎたかもしれません。しかも2つの宿題で全体の成績の8%しかカウントされないので・・・。

とあるGSBの先輩がおっしゃいました:

FSAは青春みたいなものだから。誰もが通る道と考えて頑張るしかないんじゃない?

と。

深い・・・

のか?

いや、深い。深いです。
[PR]
by ykgsb | 2006-01-11 16:00 | 日記とか
<< エネルギー切れ? 夫婦揃って勉強 >>