2時間を2秒で
6時起床、7時登校。学期が始まったばかりにもかかわらず校舎の目の前の駐車スペースはほぼ満車。かろうじて一つ空いていたのでそこへ駐車。あぶないあぶない。

昨晩から引き続きInvestments。「そもそもYield to Maturityってなんだっけ」から。教科書はちゃんと読んだのですが問題を出されるとなかなか解けません。ルールやコンセプト、式、一つ一つなんとなく分かったつもりでも、やっぱり手を動かさないと分からないです。教科書に載っていないので、ネットでYield to Maturityに関する公式を見つけ、それに基づいてひたすら頑張ってみる。まずは回答を見ながら逆算していくという方法。まともに解いていたら到底間に合いません。計算式を繰り返しやることで何とか程度まで理解し、Study Groupへ。

一人は風邪でダウンしているということで、私を含めて3人で集まる。一人は韓国系アメリカ人のP(前職はなんだっけな・・・)、そしてもう一人はMIT出身でロッキードでChemical Engineerをやっていたというアメリカ人のR。Pは「教科書は読んだけど問題はやってない」、Rはそもそも教科書がまだ届いていない、ということで、とりあえず私が進行役をやることに。

最初の問題。私が回答と問題を見比べて2時間もあーでもない、こーでもない、と言っていた問題に対して、二人とも「Oh, this is pretty easy」と言い放ち2秒で解く。PもRもInvestment Managementを目指して勉強しているので(今日風邪でダウンのJも)、こんな問題は朝飯前。その後もFinancial Calculatorを駆使してどんどんガンガン解いていく。結局私が昨晩3時間、今日4時間かけて解いた(というか回答を見て逆算してなんとなく理解した)問題をわずか1.5時間で解き終えてしまいました。逆に、私はあれだけ時間を投入しなければ完全に置いていかれたということになります。私の進行は2秒で終わったものの、3人の中で唯一回答集を買っていたのでそこでグループに貢献。  ・・・。

スタディーグループの直後、すぐに売店へ行きFinancial Calculatorを購入。んー、果たしてこれが救世主となるのでしょうか。Financial Calculatorを買っても何をどこにいつ入力するかというのが分かってないとダメなはずなので、もう少し時間がかかりそうですね。トホホ・・・。
[PR]
by ykgsb | 2006-01-09 07:12 | 日記とか
<< 夫婦揃って勉強 週末はもっと勉強しないと・・・ >>