Count Downの始まり
冬学期開始まであと1週間。

このダラダラした生活からちゃんと抜け出さなければという思いで、今日は学校まで足を運び(昨日まで閉まっていた)、教科書を買い揃えて各種資料をプリントアウトすることに。案の定、学校の本屋にはこれまで揃っていなかった教科書、参考書、Course Packが全てずらり。冬学期は4教科履修しているので、それなりの量になるとは覚悟していましたが、ここまでひどい量になるとは・・・。あまりにも量が多くて一つ一つの値段もバカにならないので、新品だけでなく中古のものも含めることに。それでも全て含めて1200ドル也。秋学期も確か1000ドル近くかかったので、1教科約300ドルといったところでしょう。キビシーですね。1年間で10数万だったら分かりますが、1学期(しかもQuarter)でこの値段ですからね。こればかりはやむを得ないですが。

そして学校のPC室へ行き、今度は各授業のLecture Notesを印刷することに。これがまた印刷してみると尋常じゃない量で、合計で500枚ぐらいになりました。しかもこれはInvestmentsの授業だけの量なので、他の3つの授業のLecture Notesが発表になったら大変なことになります。

これだけの資料の量を見ていると「本当にこの10週間で全てここに書かれていることをカバーするのだろうか」と思ってしまいますが、授業初日から提出しなければならない宿題があったり、Reading Assignmentが結構あるので、きっと全てをカバーするんでしょう。脳が果たしてそれらを吸収できるかが問題ですが。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-27 14:05 | 日記とか
<< 人間観察とインド料理とSpyw... ビジネスの本質に迫るための土台作り >>