See through the bullshit
12月の始まり。2005年もあと1ヶ月で終わるなんて信じられないですね。

今日は朝から雪。歩道は少し積もっていましたが、車道はやはり交通量が多いので全くといっていいほど積もりませんね。

昨日に引き続き、今度は大学の頃の友人とその友人の会社の先輩がシカゴをVisit。家から程近いホテルに宿泊していたということでそのホテルまで車で迎えに行き、学校へ向かうことに。西海岸等を周ってきたとのこと。同じMBAといってもビジネススクールで全く雰囲気が異なるので、時間と予算が許す限り出来るだけ多くの学校をVisitすると良いです。Chicagoの雰囲気は感じ取っていただけたかな?雪が降ってかなり寒かったのであまり良い印象を与えられなかったでしょうか。

そして今日は自分にとってAutumn Quarterの最後の授業。月曜、火曜、木曜、と「最後」の授業を経験してきましたがかなりあっさりしてるんですね。まぁ1年生の最初のQuarterで、基礎的な科目なので感動的なエンディングは全く期待していませんでしたが、みんな殆ど「It's been a pleasure teaching you guys, you guys have been fun, good luck on your finals」という具合で終わります。シカゴでの先輩のブログで、「HBSでの感動的な締め」といったような記事が書かれていたのでちょっとは期待していたのですが・・・。

その中でもMicroのTopel教授は

「I tried to teach you the economic intuitions behind the business decisions that are made, so that you can see through all the bullshit. You'll be surprised at how much of this stuff you'll use once you get out there in the real world.」

という形で締めくくってました。そう言われると確かにそうなのかもしれませんね。Regressionのキモかわいい(?)Conley教授も同じようなことを言ってましたね。

Topelは良い教授であることは間違いないです。やっぱりTopelでよかったのかなー・・・と思いがちですが、やっぱり割に合わないのであまりお勧めしません。それこそbullshitになってしまいます。
[PR]
by ykgsb | 2005-12-01 06:04 | 日記とか
<< Grades Seeking ... Know Thy Self >>