レバレッジとキャリアゴール
ビジネススクールには、多くのCareer Switcherが来ます。むしろCareer SwitchをするためにMBAを取得しにきたという人が大半を占めるといっても過言ではありません。私も例外ではなく、まさにCareer Switcherの一人です。

私も某投資銀行(東京オフィス)からオファーを頂き、Career Switchへの第一歩を踏み始めたという感触です。この投資銀行は最も「働いてみたい」と考えていたところなので、オファーをもらうことが出来て非常に満足しています。

しかし、その反面で本当にこれで満足してよいものか、と悩んでもいます。東京ではなく金融の中心地であるNYを目指すべきではないのか、もっとMBAのテコを効かせられるんじゃないかとと。

そこで同じく日本人でWall Streetで活躍してらっしゃる某氏に相談してみたところ:


「MBAがなければそのオファーはもらえないと思うので、十分MBAのテコは活きていると思います。

ニューヨークは世界の金融の中心なので、ニューヨークのほうがベターですが、その分「超」競争社会なので、無理をしてまで(今もらっているサマーオファーを捨ててまで)ニューヨークでのサマーに拘る必要はありませんし、キャリアゴールが日本にあるのであれば、ニューヨークで働く必要はありません。今ではディール数も東京は豊富です。とりあえずは東京でサマーをやってフルタイムオファーをもらえるように頑張ったらいかがでしょうか。」


というお言葉を頂戴しました。(ありがとうございました!)なるほど。やはり「キャリアゴール」に行き着くのですね。

こちらに来てみて、「自分の価値を最大限に発揮できるところは果たして本当にアメリカなのか」といったことを真剣に考えています。子供の頃にアメリカにいたときは気づかなかったものの、大人として生活してみてやはり見えない人種・文化の壁は存在しますし、これからは、自分のベストを発揮できなければ生き残っていけないはずですし(ベストを発揮しても生き残れないかもしれませんし・・・)。

かといって悩んでいても各種イベントや面接は刻々と迫っていて、こういったことを考えてると期末試験の勉強にも集中できないんだよなー・・・。本末転倒且つ取らぬ狸の皮算用なんですけどね。まずは素直に東京でサマーやってみろっつーの、と自分でも思います。
[PR]
by ykgsb | 2005-11-29 08:49 | 日記とか
<< Know Thy Self What is a Big-A... >>